全国5万人が受講している「サイタ」

カラオケ教室・レッスン

カラオケ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールカラオケ大分 IKEカラオケ教室 スクールブログ 聴く人に感動を...

聴く人に感動を与える歌い方とは?

皆さん、カラオケBOXに行って、「高得点」を出すことを目標に

頑張られている方が多いと思います。

最近は、精密採点という機能が出てきまして、音程のズレ、表現力、安定性、
ビブラート、しゃくりなど、コンピューターが分析してくれますよね!

高得点を狙うには、音程のズレを無くすこと、声の安定性、ビブラート、しゃくりの回数
が主に効いてくると思っています。

ただ、高得点を取ることのみを考えすぎるのは、歌を上手く歌うことには、あまり
良くないと私は思います。

やはり、歌を歌うことは、自分が楽しむ事が一番ですが、それと同時に、
聴く人に感動を与えることが一番重要だと思います。

自分の歌った歌で、聴く人が感動してくれたら、ものすごく嬉しいですよね。

カラオケの採点では高得点なのに、なぜか、あまり感動できないと感じることは
ありませんか?

極端なことを言うと、棒歌いでも、音程を完璧に歌えば、90点以上出ることが
あります。ただ、聴く人はあまり感動はしません。

逆に、80点でも、すごく人を感動させることもあります。

私は、後者のほうが、重要だと思います。

すごく歌をうまく歌っているのに、高得点が出ない理由はなんでしょうか?

それは、感動を与える歌には、感情移入するときに、微妙な音程の変化を
させているからだと思います。

また、歌がうまい人ほど、その歌をものまねではなく、自分のものとして
歌う傾向があります。

カラオケの採点機能は、楽譜を基準にしてコンピューターが採点しますので、
感情移入した際の微妙な安定の変化を、減点としてしまいます。

このようなことから、カラオケの採点よりも、聴く人が「すごく上手かったよ」と
言ってくれることのほうが大事です。

歌を教えるときに、一番難しいのは、生徒さんに、どのように歌心をつかんで
いただくかです。

聴く人を感動させる歌を歌うためのポイントは、

・ある程度、メロディは正確に歌うこと(感情移入する際の微妙な音程の変化はOK)
・ある程度、リズムを正確に歌うこと(感情移入する際のテンポの変化はOK)
・フレーズの語尾のビブラート
・演歌なら、こぶしの使い方、ポップスなら、フェイクの入れ方
・抑揚の付け方
・言葉を丁寧にはっきりと歌うこと(特に子音をはっきりと歌う)

です。

カラオケの採点もある程度の目安にはなりますが、聴く人から「上手かったよ!」
と言ってもらえるような歌を歌っていきましょう。

 

(2014年10月31日(金) 15:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フォークソングの弾き語りが得意!発声の基礎から練習したい方にもお勧め

ブログ記事 ページ先頭へ