サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 シンシアカラオケ教室 スクールブログ 休符ってお休み...

休符ってお休み?

暑い夏、いかがおすごしですか?
故郷へ帰ったり、海外へ出かける方もいらっしゃるでしょう。のんびりずっと自宅や近場の温泉、映画三昧なんて方も。
お休みは人さまざま。


歌にも、休符というお休みするところがありますよね。

休符は、お休みするところ、それは、音を出さないでくださいというマークです。(*^_^*)

ただのお休みするのではなく、「音を出さないという演奏をする」ところです。

休符の次が歌い出しや、サビ前などの音を出さないところ、なので、ここはとても重要です。声をださない歌が続いているということです。


小節内の8分休符や16分休符はリズムを作り出す、、、飛び箱で言うと休符は踏み切り板のような、、手をつくタイミングが発声する時で、飛んでいるときがフレーズを感じている時(^^;;飛んでいる間はひとつの流れです。

この暑いのに、何故か飛び箱が登場してしまいました(^^;;もっと涼しい例えにすれば良かった(笑)

伴奏のリズムやドラム、ベースの音だけを意識して聴いてみると、どう乗ればいいかとか、次はメロディどうぞ〜、ハイ!って、歌いやすく演奏されているものです。

歌い出しは、歌い手の印象を決める部分でもあるのでとても大切です。
第一声ですからね(^.^)
その音、言葉、声を上手く出せるか、は、重要です!

歌が途切れ、いわゆる間奏の部分。
そこは、お休みな訳ですが。
だいたい1番の終わりにあたるところ、その歌い終わりも大切。
次の演奏に引継ぎましょう。
どうぞ〜(*^_^*)って気持ちで、綺麗に音を送ります。

そして、忘れてならないのは、その、間奏のところの次が二番の始まりであることです。

ここで、ただ、聴いて待っているのではなく、自分でリズムを感じて、2番の歌い出しをイメージしておきましょう。

お休みの空白には、次のフレーズへのヒントがたくさん隠されています。いや、隠されているのではなく散りばめられています(*^^*)

今年の夏はものすごい暑さです。
歌のことを考えたり、少しでも実践してみたりして過ごすと暑さも凌ますよ(*^^*)

あまり、欲張らず、少しやろう、って思う気持ちが大切です。

頑張りましょうね〜(*^^*)

 

(2013年8月10日(土) 8:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フォークソング好き、バンド活動を目指す方にもおすすめ。多彩に活躍中

新着記事

昨日は野外のステージで歌ってきました。 市のイベントの日曜日のトップバッターです。 雨の予報だったのですが、なんと本番の時間までにすっかり快晴に! 野外ステージは本当に気持ちいいです。 大空に向かって声が響き渡る!(^^)! お客さんがどんどん集まってきて、みんなニコニコ。 ...

3月ももう残り少なくなりました。 家の庭のさくらの木に花が咲いています。普通のさくらとはちょっと違って、さくらんぼの生る木です。 だから枝ぶりの違って、時期も早い。咲いた花はちょっと、地味目ですが(^^ゞ5月にはさくらんぼがたくさん生ります。 そんなお楽しみを秘めながらのこの季節です...

毎年今頃になると、花粉グッズが店頭に並びます。今年は少なめとの情報ですが、、、。 結構あったかそうに見える外の景色ですが、表に出てから、案外寒いことを知り、ビックリです。それでくしゃみ。。。。三寒四温って言いますもんね。私はいつも1月中に薬をいただいておいて毎年今頃から飲んでいます。 こち...

今日は東京にしては珍しい大雪です。 庭の木に雪が積もって、しなだれていました。 雪は白くてきれいだけど、、、もう積雪は20cmはありそうです。かなり積もってきました。 おかげさまで湿度が保たれていますが。。。 冬はもともとの空気が乾燥していますが、夏もエアコンでお部屋の中は乾燥...

新しい年になり、そろそろ落ち着いた頃でしょうか? 仕事も軌道に乗り始めましたね。 もう来週は2月です。 いろいろな楽器でいっしょに演奏することをアンサンブルと言いますが。 合唱は声のアンサンブルですね。 いろいろな声質が一つの曲を同じ時間軸の中で響き合い、ハーモニーを奏でる。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カラオケレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ