全国5万人が受講している「サイタ」

カラオケ教室・レッスン

カラオケ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 ひまわりカラオケ教室 スクールブログ お酒を飲むか、...

お酒を飲むか、飲まないか。

こんばんは。

カラオケに付きもののアルコール。

みなさんは、歌う時に飲みますか?飲みませんか?

「飲んだほうが声がよく出る」という方もいます。

「飲むと声が出にくい」という方もいます。

体質がかなり影響しますので、どちらがいい!と、はっきり言うのは本当に難しいのです。

しかし、みんなで楽しくすごすカラオケの席で、どうすればいいのか迷いますよね?

私自身は、飲むと翌日までも声が出ない体質です。
ですから「飲まない」をいつも選択しているうちに、お酒自体に弱くなり、ほとんど飲めなくなってしまいました。

日本人には、アルコールを分解できる体質の人と、できない体質の人がいるというのは、有名な話ですね。

なので、一番大切なことは「自分の体質を知ること」です。

飲んだ時、どうなりますか?

飲むと血流が良くなって、のどの血流も変わります。

少しなら良くなっていいのですが、その状態で歌った時にのどにどんな影響をおよぼすのかによって良し悪しが決まってしまうのです。

気分は良くなるけど、思い切り歌ってしまうと翌日には声がガラガラ。という方は、歌う時に飲むことはオススメできません。

体質に合わないか、声を出しすぎてしまうか、どちらかだと思うからです。

ですが、少し飲んだ方が声がなめらかに出て、翌日も普通に声が出る。というのなら、飲み過ぎない程度に、少し飲むのもいいと思います。

わかっていると思いますが、記憶をなくすほど飲む、というのは論外です(笑)。

みんなで楽しむお酒の場。
断れないこともあるでしょう。

その場の雰囲気を壊したくないこともあるでしょう。

なので「絶対」はありません。

飲むと調子が悪くなるのはわかってるけど、飲まないわけにはいかない様な場面なら、歌う時に声を小さめに、控えめにしてみてくださいね。

それぞれ、ご自分に合った、カラオケとお酒との付き合い方をみつけましょう♪


それでは、楽しいカラオケライフを!

 

(2011年10月2日(日) 22:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ROLAND BAND PARADISE東京大会優勝!合唱もR&Bも、老若男女問わず大歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ