サイタスポーツ教室体育教室かけっこ北海道 やぎちゃんのかけっこ教室 スクールブログ なぜ紐でしばる...

なぜ紐でしばる運動靴が売ってないのでしょう?

先日、かけっこ教室で小学生を指導し、改めて靴の重要性を感じました。

しかし、今はじめて思ったわけではなく、いつも子供の運動指導でお話をする時には題材にする話題です。

なぜ、紐でしばる運動靴が売ってないのでしょう?
特に小さいお子さん用の売り場ではほぼ無いですね。マジックテープ?で2箇所か3箇所とめるタイプの物しかありません。

そして、お子さんはやや大きめの靴を購入しています。

靴の中ではどのような状態になっているか、想像できます。

小さいお子さんが走る時に自分でちゃんときつめに留めてくれればいいのですが、まず無理でしょう。

この影響はとても大きいように思っています。
靴の中で足が動くので靴の中で足の指を上げてつっかけ走りになっていませんか?
靴なのにまるでスリッパで走っているような感じです。

さらに、サンダルタイプの靴で正にサンダル履きをしているのを良く見かけます。

指でしっかりと地面をつかむ力が弱い、つま先で走らない(走れない)
足音に注意してください。ドタバタ走る、ズッズッと走る。要注意です!

重心が後ろになり、バランスも悪くなり、筋力バランスも崩れ、運動能力の低下ばかりか、足のトラブル、膝腰のトラブルの元。

さらには学力の低下にもつながるのです。

マジックテープで留めるタイプの靴が主流です。やや多きめを購入するのも仕方ないと思います。それでもその陰に大きな課題がある事を理解していただき、次の2点を行ってください。

1.大きい場合あ詰め物や中敷きを厚くしてフィット感を保つ
2.靴をはくときに、できるだけ自分でしっかりと留める習慣をつける

運動会はもうすぐです!めざせ1等賞!

なぜ紐でしばる運動靴が売ってないのでしょう?

(2015年4月14日(火) 17:17)

前の記事

この記事を書いたコーチ

健康維持のための運動をジムで長年指導。親しみやすさ抜群でお子様も安心

新着記事

先日、かけっこ教室で小学生を指導し、改めて靴の重要性を感じました。 しかし、今はじめて思ったわけではなく、いつも子供の運動指導でお話をする時には題材にする話題です。 なぜ、紐でしばる運動靴が売ってないのでしょう? 特に小さいお子さん用の売り場ではほぼ無いですね。マジックテープ?で...

札幌は冬に入り、雪で覆われてしまいました。 なかなかこの環境では体を動かす事が難しい状況です。 雪がとけて外で走り回れるまでしばらく時間がかかりますね。 この間に運動不足になり、体重が増えてしまって、体重に見合った筋力が育たないと問題なのですね。 子供は成長しますから、...

札幌も最近ようやく雪が降って、そこそこ積もってきました。 いよいよ、冬本番かな?と覚悟を決める今日この頃です。 ところで、 先日、今年度の子供の体力テストの結果が文科省から報告されていました。 そんな中でも例年北海道の子供が全国レベルを上回っているのが握力です。...

昨日、テレビでは全国の子供の体力テストの結果について報道されていました。 相変わらずの結果です。 もう何年も全国最下位を争うような結果です。 北海道の子供の体力は全国平均値と比べてほとんど劣っているのです。 全国平均よりも上回るのは握力とソフトボール投げくらい。 でもそれだっ...

2014年10月27日(月)  10:30~12:00 講話 幼児に必要な運動~北海道の子供の特徴~ 13:00~15:20 実技 運動遊びについて~コーディネーション能力~ 非常に長い時間でしたが、共和町とニセコ町の保育士のみなさん、園関係者のみなさんへ 研修会を担当させてい...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、かけっこレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ