音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル福岡 MASAMI・ジャズボーカル教室 MASAMIコーチ イチオシ!アイテム

MASAMIコーチ おすすめアイテム

おすすめのCD/DVD/書籍をご紹介

Anita Sings the Most

Anita O'day。
Oscar Petersonカルテットの演奏で、軽快にスウィングするアニタ姉御。
おそらく、彼女のアルバムでは1、2を争うベスト盤。

リズム感が抜群で、曲を大きくとらえたフェイクは、オリジナリティにあふれています!

誰にも真似できません。

私の永遠のアイドル。

もちろん、演奏陣も一流で聴きどころ満載のアルバムです。

The great American song book

Carmen McRae。
カーメン・マクレエを聴かずして、ジャズボーカルを語ることなかれ、と私は言いたい。

ボーカリストでありながら、楽器のようでもある。
楽器のようでありながら、ボーカリストである。
このバランスが完ぺきなのです。

このアルバムは1971年録音で、最高峰と言われていますが、1960年代の「Live at Sugar Hill」なんかも大好き。

バラードが心に沁みます・・・。

あ、私とはタイプが違いますけど。

Heart & Soul: Live in San Francisco

Kitty Margolis。
毎日聴いても飽きません。
あまりにも好きなので、サンフランシスコまでレッスンを受けに行ったぐらいです。

どちらかというと、楽器奏者が好きなボーカルのタイプです。楽器のようなアプローチをします。

そして素晴らしいのは、オリジナリティとアイデア。
スキャットのシラブルは、彼女独自のものだし、音楽的に面白くなるようにシラブルを変化させていったり。

ライブレコーディングでこのクオリティの高さは素晴らしい。
テンポの速い曲は、スリリングでエキサイティングです。

Autumn in New York

Jo Stafford。
ジャズボーカリストではなく、「ジャズフィーリングを持ったポップスボーカリスト」です。
でも、スウィングしてますよ~。

ベルベット・ボイスと称された声の持ち主で、バーサタイル。何でも歌えます。

しかし、なんて美しくて気持ちがいいのでしょうか。
こんなボーカリスト、他にはいません。

そうそう、こんな風に丁寧にナチュラルに歌えばいいんだよね、と聴くたびに思います。

地味なアルバムなので、分かりにくいかもですけどねぇ。

An Italian Songbook

Cecilia Bartori。
クラシック部門から、メッゾソプラノのチェチーリア・バルトリを紹介。

今一番人気があるらしい。
You Tubeでも映像が見れますので、見てみてください。

声楽のレッスンをはじめてから彼女のことを知って、このアルバムも結構聴いています。

人間って極めるとすごいです。

最近までクラシック嫌いだったんですけどねぇ。
いつか彼女のように歌いたいと思ってます。
うーん、何年かかるでしょうか(笑)。

ジャズボーカルレッスン 無料体験レッスン

ジャズボーカル初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
MASAMI 先生
担当:MASAMI 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる