サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ ボーカリストの...

ボーカリストのメンテナンス

今日は、メンテナンスと称して、カイロプラクティックに行ってきました。
ここ1年くらい、月1回から2ヶ月に1回くらいのペースで、肩や頚の痛み、凝りを感じるようになって困っています。
それで、現在お世話になっているボーカリストの先生に、メンテナンスに良いカイロを紹介して頂きました。
私は、おかげさまで体がそこそこ頑丈なため、幸か不幸か、体をメンテナンスすることに無頓着な方でしたが、やはり、私たちの楽器は体ですから、メンテナンスも必要ですね(笑)。
特に新品の若い楽器ならメンテナンスも年単位で良いですが、少しずつ古くなってくる(苦笑)と、月単位、毎日のメンテナンスが欠かせなくなってくるのは、人間も楽器も変わらないでしょう。
新しいうちから、毎日キレイにしておけば良いのですよね・・・、もう遅い(笑)。
いやいや、今からは、もう少し大切にするようにします(涙)。

あとは、喉のメンテナンスに気を使われているボーカリストさんも多いですね。かかりつけの耳鼻咽喉科があるとか。
これも、幸か不幸か、喉もあまり大きなトラブルに見舞われることなくこれまで来たので、あまり耳鼻科にもご縁がありません。でも、一度行って、喉のメンテナンスにも気を使いたいと思う今日この頃です。

インフルエンザや、喉に症状の出る風邪が私の周りでは流行中です。
皆さんも気をつけてくださいね。元気に冬を乗り越えましょう!!

 

(2010年4月20日(火) 23:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

ブログ記事 ページ先頭へ