サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ まだまだ

まだまだ

今日は、初めてドラムのレッスンに行ってきました。

楽器の人って、結構器用な人が多くて、ピアノもギターもベースもドラムを出来る人とか、よく見ます。
私は、楽器にすごーく苦手意識があって、憧れはあるけど、なかなか挑戦出来ないでいました。
でも最近、作曲やオリジナルのバンドを始めて、私は楽器があまり得意ではないので、コンピューターの打ち込みも挑戦し始めているのですが、作曲やアレンジ、打ち込みをやっていると、楽器のことを勉強しないといけないな〜と思うわけです(涙)。
それで、まずは、ドラム??って訳で、始めてみました(笑)。
(リズムトレーニングにもなるしね)

また、自分がレッスンを受けることで、教えることの勉強にもなるな〜って思います。
私はドラムは本当に初心者なので、初心者の生徒さんにどういう風に接していったらいいのか、伝えていったらいいのかなど、勉強になりました。正直、歌を習い始めた頃は、そういう意識でレッスンを受けてないので、自分がどのようにボーカリストとして育てられてきたのか、いつも思い出そうとしているけど、ボヤッとしてしまいます。

レッスンは、とても楽しく優しい先生で、始めてのレッスンで8ビートが叩けるようにしてくれました。
ちゃんと1回のレッスンで、生徒さんに満足感を持ってもらえるように出来ていて、私も見習って頑張りたいと思いました。
スネアドラムはスイッチで、音が変わるのですが、その仕組みを裏面を見せて説明してもらったりしました。
楽器の仕組みを伝えるというのは、とっても大切だと思います。
ボーカルも、頭を「パカッ」と外して、声帯とか生徒さんに見せられたらいいのに・・・。
体を半分で外して、横隔膜の動きとか筋肉の動きとかね〜。
私も見たい・・・。

私もまだまだ音楽勉強中の身です。
生徒さんと一緒に音楽を学び、成長していけたらな〜と思います。

 

(2010年4月20日(火) 23:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

ブログ記事 ページ先頭へ