サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ Cajonit...

Cajonito(カホニート)を買ってしまった!!

今日は、DTM(打ち込み音楽)ソフトが欲しくてヤマハへ行きました。
でも、DTMソフトは結構高いので、買う決心がつかず、DTMコーナーの奥にある、パーカッションコーナーへフラフラっと
吸い込まれていくと、カホンのコーナーに見たことの無いものが・・・。
Cajon(カホン)っぽいけど、かなり小さい。
ちょうど膝に乗せられる四角いゴミ箱のような形。
店員さんに聞いてみると、それはコンパクトカホン(カホニート)と言われるものだそうです。
「nito」は、確かイタリア語とかで、「小さい」という意味で語尾につけられたりするので、Cajon+nitoで小さいカホンということになるのだろうと思います。「カホニート」って、名前もかわいいですよね。
カホンは、奏者がカホンの上に座って叩く形だけど、カホニートは小さいので、膝に乗せたり、股の間に挟んで叩くそうです。
「これなら歌いながらでも使えるかも・・・」
と思ってしまい・・・
すっごく、悩みましたが、買ってしまいました!!衝動買いです!!
値段は、普通のカホンとそんなに変わらないんです(涙)。
また、DTMソフト購入が遠のいてしまいました(涙)。

でも、買ってしまったからには、やらねば!!
パーカッションって、自信無いけど練習頑張ります!!
<%image(20090819-SANY0180.jpg|300|224|null)%>

 

(2010年4月20日(火) 23:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

ブログ記事 ページ先頭へ