サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ バンド、バンド...

バンド、バンド、バンド!!

最近、色々と新しいバンド、ユニットの活動を始めています。
が、やってみて、よく考えたら、私って「バンド」って言うのをつくって活動するのって初めてかも・・・と気づきました。
これまで、ジャズのライブ活動はさせて頂いていましたが、ジャズのお仕事では、いつもライブの度に違うメンバーってことが多かったです。何度かやらせて頂いているプレイヤーさんはいらっしゃいますが、大抵、お店に行って、挨拶して、その日の歌の曲の楽譜を渡して、簡単に説明したら「はい、本番!!」ってことも多かった。
サウンドチェックで数曲を簡単にやれればいい方かな?
それでも、プロのミュージシャンさん達は凄いです。そんな感じでも、初見で素晴らしい演奏をしてくださいます。まあ、リハーサルが十分に無いということは、どんなイントロが出てくるのか、どんな演奏が繰り広げられるのかボーカリストも分かってない状態だったりして、そこでいかに歌えるかが実力の見せ所って感じで頑張ってました。
でも、かなり初心者の頃から、そんな環境でやらせてもらっていたので、色々失敗も多くて。でも、それをしっかりカバーしてくださるプレイヤーさんに囲まれていたってことに、「本当に恵まれていたんだな〜」と実感する今日この頃。
これまで、それが当然のように思ってきたけど、いざ、バンドということになると、少し違うってことも最近学びました。
「バンドとして、どうなのか?」「バンドとしての音作り・アレンジ」
「そのバンドじゃなきゃ出来ないこと」「そのバンドだから出来ること」
今までは、素晴らしい演奏の中に、ただ自分がノッていけばよかった。っていうか、それしか出来なかった。
でも、バンドとしてということを考えた時は、それではいけない。特に、今、やっているバンドは私のオリジナル曲(ポップス、R&Bなど)を中心に始めていて、「リーダーとして」+「作曲者として」という立場も求められて、色々と今までの活動では考えることのなかったことも考えなくてはならなくて。
「バンドとして」ということになると、人間関係、個々の技術・実力の差、チームワークなど様々な問題もあったりして〜。
本当に、まだまだ学ぶべきことが多いです(^-^;)

 

(2010年4月20日(火) 23:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

ブログ記事 ページ先頭へ