サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ ジャズの楽しみ...

ジャズの楽しみ 1

今日は、大宮のお店で、歌わせて頂きました。
それで、やはりジャズの面白いところは「即興」かな?っと思いました。
即興とは、「あらかじめ準備されていないこと」「アドリブ」「当座におこる興味」などと説明されます。
ジャズを知っている方が、即興・アドリブと聞くと、「楽器奏者のソロ」「テクニックがいること」「難しい」と考えられるかも知れませんが、はじめに書いた即興の意味から考えると、私たちが普段行なっている「話す」なども即興ということになります。
ジャズボーカルでは、メロディーの一部を変えたり、歌のタイミングをずらしたり、スキャットと呼ばれる歌詞無しで歌うなどの即興(広い意味で・・・)があります。
厳密に言えば、いくら「準備されていないもの」といっても、全くデタラメではいけないので、理論など勉強することは沢山あるのですが、「当座におこる興味」という意味では、自分の中にある何かが、自然に湧き出てくるものなのかな?と思ったりします。
今日は、歌っていてそんなことを感じた日でした。

「歌が大好き!!」という方の中には、「何をしていても歌が勝手に口から飛び出してくる」という方もいるのでは?
そんな方は、ジャズボーカルに向いているかもしれませんよ(^。^)/

 

(2009年5月2日(土) 2:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

ブログ記事 ページ先頭へ