全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズボーカルレッスン・教室

ジャズボーカルレッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ 日韓交流×音楽

日韓交流×音楽

昨日は私が参加している沖縄三線音楽ユニットのコンサートでした。
「心の琴線にふれる」と題されたコンサートは、韓国から韓国琴(伽?琴:カヤグム)奏者を迎え、第1部と第4部がカヤグム演奏、第2部が和太鼓演奏、第3部が沖縄三線民謡、フィナーレに私達のユニットとカヤグムの共演という構成でした。

今回、韓国からスウォン大学国楽科の教授と学生3名、韓国文化芸術教育振興員国楽講師2名が来日。カヤグムと、コムンゴと呼ばれる六本弦の琴、ヘクムという胡弓のような楽器を演奏してくれました。
カヤグムは、ツメをつけずに指で弦をつまびく韓国の十二弦琴で、ツメではなく素手で弦を弾くので、太く、深い音がします。カヤグムの音色は、美しく温かい響きで素晴らしい演奏でした。また、演目も「さくらさくら」や尾崎豊さんの「I Love You」「浜辺の歌」「リベルタンゴ」、エルガー作曲の「朝のあいさつ」、SMAPの「世界に一つだけの花」など、韓国の伝統音楽だけでなく、日本の童謡やポップス、クラシックが取り入れられて、観客が演奏に馴染みやすい様に工夫されていました。

私の参加しているユニットは沖縄三線・囃子・フルート・琴・ギター・ボーカルを基本とし、演奏会によってバイオリン・沖縄太鼓などを加えています。昔、沖縄は琉球王国であった歴史から、沖縄の音楽・楽器は、日本本土の音楽とは異なり、独自の文化によって育まれています。そういう意味では、私達のユニットは、沖縄楽器(三線・太鼓・囃子)と日本本土の和楽器(琴)、洋楽器(ギター・フルート・バイオリンなど)という異文化・音楽の交流で成り立っています。
今回、さらに、カヤグムとコムンゴとの共演ということで、沖縄・日本・西洋・韓国という4つの異文化の交流となりました。共演したのは「島唄」と「涙そうそう」。
かなり短時間の打ち合わせとリハーサルのみで迎えた本番。リハーサルでは言葉も通じにくく、楽曲の調合わせなど、戸惑うこともありましたが、音を出してしまえば、言葉は必要なし!!
音とアイコンタクトで、音楽を一緒に奏でていく楽しさと民族・文化の壁を超える音楽の可能性を感じました。

これからも、歌・音楽を通して、多くの方々と交流し、音楽の楽しさを感じ、伝えていきたいと感じた一日でした。



 

(2008年7月19日(土) 23:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

ブログ記事 ページ先頭へ