サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ 師匠のお言葉

師匠のお言葉

今日は、『誰かから言われて心に残しておきたい言葉』の一つをご紹介したいと思います。

私が初めてジャズボーカルを教わった先生(先生はボーカリストではなく、本職はジャズベースでした)が言われたお言葉・・・

「(音楽について)若いころに入ったものは一生続いていく。
そんなベースにあるものが自然に出てくるようになったら本物。
いろいろなジャンルをやっても、自分というものが出てくる。
それが音楽の面白いところ。魅力。答え。
音楽というものをどう捉えていくかで、全く違ってくる。
自分がどういう姿勢で向かっているかによっても違う。
自分が音楽を楽しむにはどうしたらいいかということを絶対的・優先的に考えると答えは見えてくる。探らないかん!!
最終的には自分次第!!音楽は教えられない!!」

深いお言葉です・・・。
私にはまだまだ深すぎてよくわかりません。でも、なぜだか心にグサグサとくる。
でもいつかこの言葉がわかるようになるといいな。
そこまで歌い続けること・・・。
きっと、とにかく、「自分次第!!」


 

(2008年6月12日(木) 23:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ジャズボーカルレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ