全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズボーカルレッスン・教室

ジャズボーカルレッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ 歌に大切なもの...

歌に大切なもの・・・

ワーキングホリデーでカナダに滞在しながら、カナダ・アメリカのジャズワークショップを受けていた時のこと・・・。

留学生活も予定の半分をすぎて、自分が何をすべきかと振り返っていました。もともと音楽だけの目的でワーキングホリデーに行ったわけではなかったので、カナダでの生活は『音楽のための毎日』って感じじゃなくて・・・そんな生活に漠然と焦る気持ちが出てきました。

でもそんな時、北海道に引っ越して初めての冬を迎えている友人からもらったメールを思い出しました。

「こちらは、この冬初めて本格的に積もりました!
 昨日の夜は、全然いつもどおりの景色だったのに、
 朝起きてカーテンを開けてびっくり!
 一面、銀世界だ~!
 最近、北海道出身のドリカムの曲は、ウムウム、
 こういう心境から生まれるのだな。 
 と感じるようになってきました。・・・・・・・」

Misiaやドリカムが好きで、歌うのが大好きな彼女。
本当に頭のいい彼女らしい考察と言葉だなーと感心しつつ、カナダにいる私はどうか・・・と考えました。

実を言うとカナダはJAZZよりもカントリーのイメージ。
確かにカナディアンロッキーやカナダの景色を見ているとJAZZっていうより、カントリーの方がしっくりくる気がして・・・彼女のメールの意味がわかった気がしました。

そして・・・

「私は毎日歌の勉強ができるわけではないけれど・・・。
でも、カナダで見る素晴らしい景色や自分がここで感じたことが、必ず私の歌に反映するはず。
楽器でも歌でも、演奏(歌)にはその人の人柄やそれまでにやってきたこと(つまり自分というもの)が出てくる。それを私は日本でもカナダでも、目で耳で感じてきた。だから私も、もっともっと色々なもの、自分の力になるものを見て、感じて、そういう歌以外のすべても、私の歌になるのだと信じて、カナダでの生活のすべてが私の歌になるように努力しなくては・・・」
と思いました。

どんなに音楽が好きでも、それだけでは生きていけないですよね。広い世の中には音楽だけで生きている人もいるのかもしれないけど、たとえ音楽を職業としている人であっても、いつも自分がやりたい音楽だけが出来るとは限らないし・・・、生活の細々した事・人間関係や・・・仕事、バイトなどなど大多数の人の生活は音楽以外のこともやっていかなくてはならないと思います。
時折、そんな毎日や生活に焦ったり、悩んだりするけど、そんな時は、いつもあの時カナダで決心した気持ちを思い出したいと思っています。



 

(2008年6月12日(木) 23:26)

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

ブログ記事 ページ先頭へ