サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル東京 ジャズボーカルスクール Sweet Sound スクールブログ ボーカリストと...

ボーカリストという楽器 その2

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。
調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。

それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。
それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。

たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたのですが、その授業は、生徒が一人づつ自分の歌いたい曲を歌ったり、演奏して、講師がアドバイスするというもので、私は、最近時々見学しています。

私は以前から、ある生徒さんの歌がとても気になっていました。
彼女は、歌う時、身体の重心が少し後ろに偏っていたのです。自然に後ろに体重が傾いているのは、彼女の無意識の心の状態の表れだったりします。熱唱していても、その音はとても閉ざされていて、拒否的なイメージ、ナルシズム的な歌という感じがしていました。
「もう少し、重心を前に持ってくれば良いのに・・・」
純粋にそう思いました。
理論的にというよりは、無意識的にそう感じました。

それで、ずっと気になっていたのですが、今日、授業が始まる前に少し時間があり、彼女が、近くにいたので、他の先生の生徒さんなので、通常あまりアドバイスはしないのですが、「ちょっと、体重が後ろにいってるから、もう少し体重を前に持ってきた方が良い声が出るよ」とアドバイスしてみました。

そして、その生徒さんの順番になったのですが・・・、まず、イントロから彼女の様子が全然違う!!
まっすぐ立ってる!!エネルギーが、スッと縦に伸びて地面に足がついてる。表情も良くて、すごく落ちついたエネルギーが感じられて・・・。

まあ、私のアドバイスを聞いてくれてそうなったのかは定かではありませんが・・・(笑)、今日は、「後ろ体重だな」とは一度も感じませんでした。
音程や歌い方などの改善すべき点は、まだまだ多いのですが、歌自体も以前と異なり、とても聴きやすくて、彼女の歌を通して伝えたい思いや、声が素直に前に向かって流れていくのが感じられました。
聴いていた他の生徒も驚いたのか、彼女が歌い終わった後、「今日はいつもと全然違うね。すごく良かったよ!!」などと声をかけている子もいて、私が感じたことは間違ってなかったんだなと思いました。

体重が、後ろから前にいっただけで、こんなに変わるなんて・・・、ボーカリストとしては恐ろしいことでもあります。
心の状態・身体の状態が、すべて歌になってしまうんです。
でも、その分、そういう部分を少し変えるだけで、格段に良い歌が歌えるようにもなるわけで・・・。
レッスンでは、そういうことを助言することも多いです。
どんなに発声練習しても、そういう部分が変わらないと歌が変化しないことも多いからです。

最近は、生徒さんからそのようなことを学ばせてもらっています。

私自身も、そういうことを心していかねばと思う今日この頃、精進、精進(^−^)。

 

(2011年6月3日(金) 1:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音楽院認定の音楽療法士!アメリカ、カナダで学んだジャズシンガー

新着記事

今年の夏は、8月4日~15日まで、アメリカにジャズボーカルの勉強に行ってきます。 生徒の皆さんに、よりよいレッスンを提供できるよう、勉強してきたいと思います。 また、報告させていただきますね~~~。

ボーカリストは、本当に面白くも、厄介な楽器です。 調子がよい日もあれば、悪い日もあり、それが、なかなか予測できません。 それに、ちょっとしたことで、大きく変わります。 それが、面白い所でもあり、厄介なところでもあります。 たとえば、今日、とある音楽学校の歌の授業を見学していたの...

先日、友達に頼まれてゴスペルの個人レッスンをしました。 そこで、先日受けたマイケル・チェーホフ演技メソッドのワークショップで学んだことを活用してみました。 マイケル・チェーホフメソッドは、役者さんのためのメソッドですが、表現者として、芸術家として重要な要素が彼の本の中でも語られてい...

4月になって、またまた新しいことに挑戦してます。 4月から、演技のレッスン、HIPHOP、タップダンスのレッスンに通い始めました。 クラシックバレエのレッスンの見学にも行ってみました。 ダンスなどはこれまで漠然とした苦手意識があって、逃げてきたけれど、まずは、やってみなきゃ分からない...

今週は結構、歌Weekでした。 月曜日から、来年の3月にあるミュージカルの練習で踊ったり、ソロナンバーの練習をしたり、火曜日は声楽のレッスンに、ミュージカル曲の練習、そして、次の日のバンド発表の練習。 水曜日は、レッスンとバンドの発表。 まあ、ここまではいつも通りですが・・・ 今週は、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ジャズボーカルレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ