音楽教室ジャズピアノ教室レッスンノート コード奏法のルールを使ったピアノの弾き方、楽しみ方について

コード奏法のルールを使ったピアノの弾き方、楽しみ方について

ジャズピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日は体験レッスンお疲れ様でした。レッスン内容の確認をさせて頂きます。

今後の基本的なレッスンの流れとして、以下の2つのポイントに絞ってレッスンさせて頂く旨、大まかにお話しさせて頂きました。

a.色々なお好みの曲を、その場で直ぐに、ある程度のクオリティーを持ってピアノで弾ける事を目指し、その為に必要な知識や技術を学んで頂きます。

b.他の人との合奏するのに必要な能力、知識、感覚を身につけて、実際合奏して頂きます。

…以上を踏まえて、今回の体験レッスンでは、以下の2つの課題に取り組んで頂きました。


a.好きなメロディに左手伴奏をつけて、2小節弾いてみる

…この課題については非常にカンがよく、意欲的に取り組んで下さり、時間内に想定外の段階、

・メロディを弾きながら、左手で4つ刻みの伴奏をする

所まで進みました。その過程で、以下のトピック

・音階(ドレミファソラシド)、12の調、小節単位(4/4)

など、音楽を演奏する為の基礎能力、感覚が程度身についていらっしゃる事を確認させて頂きました。



b.他の人との合奏、即興(アドリブ)演奏や、リズムのトレーニングのスタートとして、

・16ビートのパターンの課題

を試して頂きました。これもイメージを直ぐに掴んで楽しんで頂き、素晴らしかったと思います。

以上、踏まえまして、今後の方針としてはほぼ前述a.bの通り、やらせていただこうと思います。宜しくお願い致します^_^!
このレッスンノートを書いたコーチ

レストランで演奏!アイリッシュ音楽も弾きこなす癒し系講師

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズピアノ情報

サイタのジャズピアノ講師がブログを通して、ジャズピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ジャズピアノの先生

@JazzPianoCyta