音楽教室ジャズピアノ教室レッスンノート ジャズピアノ体験レッスン

ジャズピアノ体験レッスン

ジャズピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は体験レッスンお疲れ様でした。レッスン内容の確認をさせて頂きます。

1,私のジャズピアノのメソッドの大まかに説明させて頂きました。お好みや傾向を考えて、以下の様に考えさせて頂きました。


・色々な曲を短時間で処理し、演奏できる様にする為に、メロディー、リズム、コードのパーツを作り、仕込みをします。

…これをハードバップ、ブルースフィーリングなどのお好みを考慮して、循環曲(ジャズの基本的なコード、形式の曲)で行います。

・上記の事をスムーズにする為、基本的な音楽理論、コード理論の確認、復習をさせて頂きます。

…循環曲のアナライズ(分析)が出来るところまで進めます。

・お好きな曲(アレンジやアドリブを含む)を勉強、分析して演奏できる様にします。

…今日聞かせて下さったM.アレキサンダーのisnt she lovely含め、幾つか提案して頂き、相談後決めたいと思います。

加えて、今後、

・譜面が苦手、ご自身でアレンジしてみたい、

など個々にカリキュラムを考えて対応させて頂きます。

2、M.アレキサンダーのアレンジによるisnt she lovelyを一緒に演奏して頂きました。リズム感やフレーズ、アドリブに対するセンスが素晴らしかったです。

今後の課題としては、

・演奏する際の大きな流れを捉える、音楽の構成の把握

・小節感覚などの、大きな呼吸のアプローチ、

…以上は、「譜面が苦手」でいらっしやる事とも関係していると思われます。更に、

・オープンヴォイシングなどのハーモニーを中心とした「引き出し」を継続的に増やして行く事

で、アレンジから即対応力まで、総合力が上がっていく。という印象でした。

体験レッスン内容は以上です。
このレッスンノートを書いたコーチ

レストランで演奏!アイリッシュ音楽も弾きこなす癒し系講師

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズピアノ情報

サイタのジャズピアノ講師がブログを通して、ジャズピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ジャズピアノの先生

@JazzPianoCyta