サイタ音楽教室ジャズピアノ教室東京 多摩ジャズピアノ入門 スクールブログ 楽譜が読める必...

楽譜が読める必要ある?

私はジャズ入門する人は、まずは楽譜は読めなくて問題ないと思います。

ジャズピアニストは楽譜が読めない人がたくさんの世界です。

ちなみに、高校のときにハナレグミという今は歌手をやっている友人がいたのですが、彼は楽譜が読めませんでした。でも彼は立派に歌手をやっていますし、私も楽譜がなくてもジャズやポップスはできてしまうのだなあ、という結果論に賛成派です。

では、なんでそんなことができてしまうかというと、ジャズやポップスには、楽譜まで複雑な記号を使わずに、「コード」というーー「和音」とイメージしていただけるといいのですがーー、コードという楽譜に挫折した人もまったく簡単に理解できるような「モノサシ」を使って音楽を理解しているからです。

楽譜を読めるようにすることもできますが、
楽譜は無理して頑張って学ぶものだとは私は思えません。

ちなみにコードがわかると:

・保育士の方もアニメソングを簡単に伴奏できます。
・弾き語りができるようになります(歌はまた別で練習しましょう(^o^)。
・それだけでまわりからピアニスト呼ばわりされます。
・会社や学校の宴会で隠し芸として使えます(ピアノの無い会場ではピアニカ等代用)

書ききれないのですが、ギターやベースを弾いている方も、楽譜というよりは実はコードというもので楽曲のイメージをつかんでいます。

私の仕事は、この「コード」というものに楽しみながら、なじんでいく。
そんなようなことを専門としています。

なぜなら、コードは学ぶものというよりは、コーヒーのように「味わう」もの。
このコードはこんな味なのか〜、あのコードはすごい刺激的!

そんな感じで、ピアノと遊ぶ時間を作れたらなあと思っています。

楽譜が読める必要ある?

(2014年5月13日(火) 18:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

著名作曲家から習得したコード理論で、魅力的な曲が誰でも弾けちゃう?!

新着記事

今回は、中級者レッスンの課題として イパネマの娘(ポルトガル語で"Garota de Ipanema") の分析です。 せっかくですので、素描だけブログに書いてみることにしました。 ボサノヴァのナンバーとしてはもっとも著名な曲となった面白い歴史などは、ぜひWikiped...

前回に引き続き、私にとってのピアノとキーボードの違い。その2です。 ピアノとキーボードは重なり部分はあるかもしれませんが、 やっぱり違う楽器。 まず、タッチ(繊細な音色を指先やその他の技法で表現する音色)が 全然違います。 ピアノは数百年の歴史に対し、キーボードは百年の歴史も...

私は中学校までクラシックピアノというものを習っていたのですが、 やったり辞めたりしていました。 その理由に、 「ピアノレッスンが、あまり楽しくなかった」 というのがありました。 でも、中学校でショパンの「革命のエチュード」に出会ってからはしばらくの間はショパンに夢中になり...

私はジャズ入門する人は、まずは楽譜は読めなくて問題ないと思います。 ジャズピアニストは楽譜が読めない人がたくさんの世界です。 ちなみに、高校のときにハナレグミという今は歌手をやっている友人がいたのですが、彼は楽譜が読めませんでした。でも彼は立派に歌手をやっていますし、私も楽譜がなく...

ピアノとキーボードは、どっちも鍵盤楽器なのですが、私は高校生の頃から「似ていてもまったく違う楽器」だと思っています。 なぜならまず弾いたときの「手応え」が違います。 麺類でも、硬メンと、柔らかい系(のびちゃった麺?)がかえって好き!という方と、いろいろいらっしゃると思います。 私...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ジャズピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ