サイタ音楽教室ジャズピアノ教室東京 多摩ジャズピアノ入門 スクールブログ 初めてのブログ...

初めてのブログ「芸は身を助く」

私は音楽以外にいろいろ専門があるのですが、
ピアノもなんだかんだで30年近く続いています。

「芸は身を助く」と言いますが、
音楽・特にピアノは、趣味を飛び越えて、
友だちができるきっかけだったり、
恋愛が始まるきっかけだったり、
海外のバーでも思わぬうれしいハプニングが、
できるきっかけになったりします。

また、最近読んだ本に佐藤和夫さんの
『仕事のくだらなさとの戦い』という本があります。
退職してからーーつまり年金生活になってからーー、
一番恐ろしいのは「生きることの退屈さとの戦い」といいます。

私たちの誰もが、失われた10年とも20年とも言われ、
また超格差社会の到来に不安でいっぱいかもしれません。

が、音楽ができることによって、その不安は軽減できます。
なぜなら、音楽は喜びそのものであり、また音楽が人をつなぐからです。
音楽は国境を越えた「言語」でもあり、国境を越えてつながることができます。

タイトルにも書きましたが、音楽それ自体が「仕事」につながることもあります。
演奏だけにとどまらず、音楽に詳しければ、音楽評論家という仕事もあります。

そして何と言っても、音楽はそれ自体が「喜び」の体験です。

ジャズの演奏ではときどき起こることですが、
自分でも思ってもいなかった感動的な演奏ができて、
聴くひとはもちろん、自分でもびっくりするくらいの、
エクスタシーというか、忘れられない演奏が飛び出すことがあります。

生徒さんと、そういう「場」の体験ができるのはとても得難い喜びです。
そういう音楽は、「まぐれ」で飛び出てくることもありますが、
一生懸命練習した後に出てくることも、両方あります。
そして、受験勉強と似ているところもあって、
地道に頑張ったひとほど「まぐれ」のような感動体験は、
訪れやすくなります。

 音楽という新しい「言語」、あるいは他者といろんなつながりのできる「ビジネス」という側面をもっている音楽、またそれ自体が「感動」というを場面を、みなさんと一緒につくっていけたらと思っています。

初めてのブログ「芸は身を助く」

(2014年5月13日(火) 17:56)

次の記事

この記事を書いたコーチ

著名作曲家から習得したコード理論で、魅力的な曲が誰でも弾けちゃう?!

新着記事

今回は、中級者レッスンの課題として イパネマの娘(ポルトガル語で"Garota de Ipanema") の分析です。 せっかくですので、素描だけブログに書いてみることにしました。 ボサノヴァのナンバーとしてはもっとも著名な曲となった面白い歴史などは、ぜひWikiped...

前回に引き続き、私にとってのピアノとキーボードの違い。その2です。 ピアノとキーボードは重なり部分はあるかもしれませんが、 やっぱり違う楽器。 まず、タッチ(繊細な音色を指先やその他の技法で表現する音色)が 全然違います。 ピアノは数百年の歴史に対し、キーボードは百年の歴史も...

私は中学校までクラシックピアノというものを習っていたのですが、 やったり辞めたりしていました。 その理由に、 「ピアノレッスンが、あまり楽しくなかった」 というのがありました。 でも、中学校でショパンの「革命のエチュード」に出会ってからはしばらくの間はショパンに夢中になり...

私はジャズ入門する人は、まずは楽譜は読めなくて問題ないと思います。 ジャズピアニストは楽譜が読めない人がたくさんの世界です。 ちなみに、高校のときにハナレグミという今は歌手をやっている友人がいたのですが、彼は楽譜が読めませんでした。でも彼は立派に歌手をやっていますし、私も楽譜がなく...

ピアノとキーボードは、どっちも鍵盤楽器なのですが、私は高校生の頃から「似ていてもまったく違う楽器」だと思っています。 なぜならまず弾いたときの「手応え」が違います。 麺類でも、硬メンと、柔らかい系(のびちゃった麺?)がかえって好き!という方と、いろいろいらっしゃると思います。 私...

ブログ記事 ページ先頭へ