全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズピアノ教室・レッスン

ジャズピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ジャズピアノ教室東京 まるおかジャズピアノスクール スクールブログ 初めてのジャズ...

初めてのジャズピアノ・・・私の思い出から

こんにちは、まるおかジャズスクールの丸岡深月です!


ジャズってかっこいい!
ジャズピアノを始めてみたい!


けれど難しそう・・・
コードの理論の勉強って難しそう・・・
即興演奏ってどうやるの・・・?


ジャズピアノに対し、そんな憧れや不安を持っている方は多いのではないかと思います。


私が初めてジャズピアノを始めようと思った時も、そうでした。


今日は、そんな私が初めてジャズピアノを弾いた日のお話を書こうと思います。


私は大学のジャズサークルで初めてジャズピアノを始めました。

コードの理論。そんなものは全然わからないまま入部。
ただピアノの前にぼうっと座っているだけでした。


何を弾いていいのかわからない。



けれど・・・弾いてみたい!何か、弾いてみたい!


ジャズはどうやら「自由に」「即興で」弾いていいらしい・・・
・・・でも、どうやるの??


そう思いながらピアノの前に座っていたら、先輩が一冊の楽譜を渡してくれました。
それは「コード記号が全て音符で書き直された」、『枯葉』という曲の譜面でした。


そう。コード記号というのは、和音を記号化しただけのものに過ぎなかったのです。
逆に言えば、記号化されたものを和音に直してしまえば、
小学生の音楽の授業の時からずーっと見慣れた音譜だったのです。


これなら弾ける!
そうか・・・ここに書いてある音符を使って、
あとは自由にアレンジして弾いていいんだ!


『枯葉』のメロディとコード記号が音譜化された譜面を、
最初はそのまま弾いて・・・


それから、その場で「遊び」のつもりで「アレンジ」をしてみました。


ちょっと音を変えてみようかな、増やしてみようかな。
ジャズは自由にアレンジしていいんだよね?


コードの和音に合わせて、新しくメロディをつけてみようかな?
ジャズはアドリブでメロディをつけるんだよね?


そんな風に遊んで弾いていたら、
ベースとドラムの先輩が、一緒に合わせて演奏してくれたのです。


初めて自分の「お遊び」の「即興」。
そして初めてのアンサンブル。
自分の即興演奏と一緒に、他の楽器が演奏してくれる。


こんなにわくわくした気持ちになったのは初めてでした。
家に帰ってもわくわくして、夜も眠れないくらいでした。


そうやって、最初はコードを音譜に書き換えた譜面で
「遊んで」いるうちに、すっかりコード理論を覚えてしまいました。


最初はあんなに抵抗があったコード理論。
けれども、音譜に書き直してみれば、
コードというのは、ただ「和音を記号化した」だけのもの。


大好きな曲で「遊び」ながら弾けば、案外簡単に覚えられてしまうものです。


ジャズとして演奏されている曲の中には、
誰もが知ってる有名な曲、耳馴染みの良い名曲がたくさんあります。


そんな曲を「遊び」ながら弾く感覚で、コードを覚えてみませんか?


「理論」というと難しいですが・・・
「遊び」ながら覚えると、いつの間にか覚えてしまっているものなんですよ^^


私の初めてのジャズピアノ体験を通して
コードの覚え方のコツをお伝えしてみました。


こう考えると、ちょっと難しさへの抵抗がなくなりませんか?


一緒に「遊び」ながら、お勉強してゆきましょう!

 

(2013年10月31日(木) 14:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ピアノトリオのリーダーとして作曲も。最初の一歩からじっくりレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ