全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズピアノ教室・レッスン

ジャズピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ジャズピアノ教室東京 エムケイジャズピアノスクール スクールブログ アクセスありが...

アクセスありがとうございます。〜当校レッスンの進め方について〜

昨年末にcyta.jpでのレッスンを始動してからまだ2ヶ月ちょっとですが、体験レッスンへのお問い合わせも着実に頂いております。ありがとうございます。

そんな皆様の中で、ジャズピアノに対する興味はあるけど、まずレッスンの初期の段階で『勉強』しないといけないんじゃないかと、身構えてしまう方も多いかと思います。

確かに、コードやグルーブについて等、クラシックとは違うノウハウをある程度前もって認識しておかなければならない事は、勿論あります。

例えば自動車教習所に行っても、いきなり『実地』を始めるのではなく、『座学』レクチャーを先にするものですよね?

でもそれを通過したら、漸く車に乗って走行(徐行ですが…)が始まります。

ピアノも同様に、最初の2〜3回はコードのレクチャーが多くて、あまり弾く事がないとお嘆きの方も(中には)いらっしゃるんですが^^;、それを通過したらスタンダード曲を用いての『実地』レッスンとなります。

ジャズに関して特にクラシックと違う点は、『左手でコードとリズムを同時に補う』というのが特徴的です。逆に右手で弾くメロディやアドリブフレーズというのは、左手の動作と比べたらむしろ指もスムーズに動くと思います。

右手フレーズの"横への動き"と対照的に、左手はコードをリズミカルに"縦に動かす"という、なんともリトミックな構造を成しているのがジャズピアノの最たる特徴だとも言えます。

で、ここでまず挫折してしまいそうになる生徒さんもいるのですが…。

ただ、この動きは『慣れ』ていくものなので、決してすぐに出来たから良いという訳でもありません。逆に言えば、ジャズやブルースの中にある"グルーブ"を感じる為に、こういった奏法に行き着いたのであって、その時の『ノリの良さ』や感覚によって左右されるものでもあるのです。

そうして曲を進めていくにつれ、弾く時のニュアンスやリズムについてのアドバイスも加わってきます。そうすると徐々に「ジャズピアノをやってるんだ!」という認識も生まれてくると思います。

ジャズを普段聴いていない方も、ゆくゆくは"王道"と言われるジャズの定番曲を少しずつ自分のレパートリーにする事も出来ますよ!



"(理論などの)理屈だけでも味気ないし、感覚だけで弾いても進んでる気がしない…"


そんなジャズの『難しさ』を少しでも溶きほぐせたらと思い、レッスンを行なっています。

焦らずに気長に出来る"趣味"として、まずは体験レッスンに是非ご応募下さい。

お待ちしております!!

 

(2013年2月13日(水) 3:49)

前の記事

この記事を書いたコーチ

海外アーティストほか、多彩なコラボレーションを展開。子供も大人も大歓迎

エムケイジャズピアノスクール
モト (ジャズピアノ)

代々木・池袋・秋葉原・八王子・荻窪・新所沢・銀座・新宿三丁目

ブログ記事 ページ先頭へ