サイタ音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ デジタルモデリ...

デジタルモデリング機材で思うこと

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

僕は録音の仕事、音楽制作でアンプシュミレーターのKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー )をよく使用しています。

単純に言って、便利な機材です。
色々なアンプをプロファイル、モデリングした音が手に入る訳ですから。
また音の精度もかなり高くて、ケンパーで録音したパートがオケ音源に混ざってしまうと、本物のアンプで録音したパートと区別するのは難しいかもしれません。

ですが、やっぱり本物の音の100パーセントは再現できません。

昨年末にヴィンテージギターを数本弾かせていただく機会があったのですが、
そのとき弾かせてもらった1964年製のストラトの音が、圧倒的に良くて衝撃を受けました。
(その中には誰もが知っている世界的に著名なギタリストが所有していた54年製のテレキャスターもありました。)

圧倒的に良いと言ってもおそらく、多くの人にとって些細な音の差です。

しかし、その些細な音の差が、すごく重要だと僕には感じられるのです。

アンプシミュレーターにも同じことが言えて、やはりできることならしっかりした環境で本物のギターアンプを鳴らしたいという欲求は消えません。

デジタルモデリングの技術はものすごい速さで進んでいるので、これからどんどん本物の再現性は高まってくると思います。
しかし、たとえ本物を99パーセント再現できても、本物の100パーセントと再現の99パーセントの差は決して侮れないと感じています。

仮想現実が増えていく世の中ですが、そんな時代だからこそより本物に価値が出てくると僕は思っています。

 

(2018年2月3日(土) 1:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・経...

ブログ記事 ページ先頭へ