全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ ギターの配線を...

ギターの配線を変えてみました。

こんばんは!
GWも終わって、仕事や学校にようやく慣れてきた方もいらっしゃいますでしょうか。

僕はGWも普段と変わらず、レッスンや音楽制作の仕事をしていましたが、6月までには休みを一日とってどこかに行きたいな、と企んでいます。

さて、今日はちょっとマニアックな機材の話を。

先日、セミアコースティックギターの335のスイッチが調子悪くなってしまって、リペアに出してきました。

その際、配線もシッカリしたものに変えた方がよいということで、改造してもらいました。

結果、音が太くハッキリとした感じになってよかったのですが、
ちょっとあっさりした音というか、音の密度感が薄れた印象にもなりました。

エレクトリックギターって単純にオーディオ的な良さ、レンジが広ければ良いかというと、そうは言えなくて、もっと感覚的に気持ちがよい音があるので、判断が難しいです。

結局はずっと聴いてきた音、古くからあるヴィンテージの音が、どこかしら理想のイメージに残っている気がします。

コンデンサーやサドルを変えて調整すれば、もっと好みの音に落ち着くかなと考えているので、またの機会に試してみようと思います。

結局は元に戻すかもしれませんが(笑)
ちょっとしたパーツでも音が変わるので、エレキギターは面白いですね!

 

(2016年5月12日(木) 23:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ