サイタ音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ フレーズを声に...

フレーズを声に出す、歌うことはギターの技術の向上にもとても良いことです。

こんにちは!

もう気がついたら11月。
どうしても外気に触れている時間が少ないので、季節感を感じられていないのが残念です、、、
でもこの間、秋刀魚は食べました!


さて、最近レッスンをしていて、改めて感じることがあります。

それは、「ギターのフレーズを実際に声に出す、歌うこと」によって得られるメリットです。

リズム感が向上しづらい、フレーズが覚えづらい、音感がない、、
などの問題を感じている原因は、「指を動かすことばっかりに意識がいっていること」が少なくありません。

とにかく最初は、弾こうとするメロディ、フレーズを声に出して歌うことです。

歌うことはとても身体性が強く、体で具体的に、リズム、音感など感じることができます。
逆に、イメージできていないと、歌うことはできません。

タブ譜で16、17、20、といった覚え方をしても、なかなか覚えられないのは、音楽全体のイメージとしてとらえることが難しいからです。


遠回りのように感じますが、ギターを置いて、手でタップまたは足でリズムをカウントしながら、歌うことをオススメします。

 

(2015年10月31日(土) 17:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・経...

ブログ記事 ページ先頭へ