全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター栃木 風雅あきらのジャズギター教室 スクールブログ MTRの有効な...

MTRの有効な活用法・・・・

毎日のエクササイズはジャズギタリストのみならず、コンテンポラリーなプレイを志す方にはある意味当然のコトといえましょう。

ところがせっかくのこの毎日の練習もその取り組み方で成果は大きく左右されます。

①スケールの練習

②楽曲を弾く、憶える練習

③アドリヴの練習

④メトロノームやリズムボックスに合わせてのリズムの強化練習

⑤ジャズ(音楽)を聴く

というように大きく分けても最低5つのコト(練習)をしなければなりません。
特に④のリズムの強化練習はある意味一番重要なアイテムです。

生涯アマチュアで、とか生涯趣味で、というのでない限りこのリズムの良し悪しはそのままプレイヤーの評価につながります。

どんなにスキルを積んでスケールを駆使したアドリヴを披露出来たとしても、基本のリズムがヨレヨレでは本末転倒です。

ましてやプロになりたいという志を抱いているならこのリズム強化のためのエクササイズは必須項目です。

ではどのように練習を進めてゆけばよういでしょうか(・・?

ただメトロノームに合わせて何となく、という練習法ではそれほど成果は上がらないものです。

いっそのこと、プロのプレイヤーと同じ目線で楽曲に取り組みましょう!

ほとんどのメジャーなプロのプレイヤー達は必ずCDを出していますよね。

そのCDを制作するプロセス、いわゆるレコーディングのプロセスを経験、体験することで得られるサムシングは言葉で説明するよりも絶大で、ただギターを弾いているときの何百倍ものチカラになります。

今は比較的安い値段でMTRが手に入る時代ですので、そのMTRを使って実際に録音して聴いてみるのが一番です。

良くも悪くも自分の実力が一目で(一聴で)わかってしまいますので、ある意味残酷な手段ですが、このレコーディングを経験することで得られるリズム感、タイム感、つまりはリズムキープの重要性やグルーヴとは何ぞや(・・?という様々な

奥深~~い

部分が確実に得られます。

是非、MTRを使ってデジタルなクリックに縛られるシビアな環境の中でもしっかりとリズムトラックを完成させたり、クリックを聴きながら自由にアドリヴを取れるように日々鍛えて頑張ってみて下さい。

クリックに縛られてリズムやアルペジオがギクシャクしたり、肝心のソロも右にも左にも行けないようではまだまだなのです(笑)

録音はシビアに、ちょっとしたズレさえも見逃さずに行うコトが大切ですが、

何回も何回もパンチイン(つぎはぎ)を繰り返して、の録音も基本NGです。

あと、音楽はグルーヴ、ノリがとっても重要なのであまりにこじんまり整頓されすぎていて聴いていてつまらないかな↓↓↓・・・と感じるようなプレイもNGと心得るべきです。


なるべく1~3回(ワンテイク)でOKが出るように日々クリックを離さず練習する習慣を身につけることも忘れずに。

そしてもっともっと大切なコトは・・・・

レコーディングで培ったシビアなリズム感、様々なサムシングをいつも忘れず、
今度はクリックなしでもいつでも十分にグルーヴを醸し出せるプレイを出来るようになってください。

なんといっても人間の醸し出すリズム&グルーヴこそ最高のMUSICなのですから。


 

(2015年8月5日(水) 16:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現場でレコーディング経験豊富!ロック・ポップスにも造詣が深い先生

ブログ記事 ページ先頭へ