サイタ音楽教室ギター教室ジャズギター栃木 風雅あきらのジャズギター教室 スクールブログ ピックの選び方...

ピックの選び方・・・

これからギターをはじめる方、ブルースやロックからジャズなスタイルへと移行する方、

いったいどんなピックを使えばいいのやら・・・

そんな方もいらっしゃると思います。

考えようによっては‘’たかがピックで、そんなに悩むことはないだろ!‘’とも言えるのですが、

されどピック!とも言えるのですねえ~(笑)

かく言うワタシもある時期、相当悩んでいました。

ストロークやミュートを多用する8ビートや歯切れのよい16ビートなどのバッキングを主体に考えるなら、圧倒的にオニギリ形のピックがよい(弾き易さ、サウンドともに)のですが、

速いパッセージを弾いたり、ピックとピック以外の指をアルペジオで兼用するプレイスタイルの場合、

ティアドロップ形(わりと小さい涙形)のピックのほうが圧倒的にレスポンスがよいのです。

さあ、困ったぞ・・・(◎_◎;)


ワタシの経験から言わせて頂けば、ブルース、ロック、ジャズに限らずソロを弾く
機会が多いギタリストならティアドロップ形、

バッキングが多いプレイスタイル、あるいは歌いながらヴォーカリストなギタリストならオニギリ形がおすすめです。

硬さは、まったく個人の好みの問題なのですが、

手首がまだ弦に対して負けてしまうような初心者、子供、女性、そしてソフトな音色でやさしくプレイしたいという方ならソフトなピックでよいでしょう。

ある程度、キャリアを積んで自分のプレイをコントロール出来るようになったら
ミディアムかハードがよいと思います。

ある程度キャリアが備われば硬いピックでもソフトなタッチでプレイ出来るからです。

そして速弾きや、ヘヴィーなリフにはもちろん硬いピックの方が有利なのは言うまでもありません。

そういった点をふまえてピックを選ぶとよいでしょう。

 

(2015年1月25日(日) 4:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現場でレコーディング経験豊富!ロック・ポップスにも造詣が深い先生

新着記事

今日もいろんな生徒がワタシのレッスンルームを訪れた。 栃木のこんな場所でさえ真剣にギターを習いたいと志し 熱心にワタシのレクチャーに通い、時に忙しく時に世知辛い日常の中でさえいつも音楽、ギターと向き合う姿勢を 忘れずに生きている生徒達に毎回のようにエネルギーをもらうね。(^_...

新年になってから新規の生徒さんが次々と入会され、 ますます意気揚々!自己の練習&レクチャーにも益々気合が入る今日この頃ですが、 半面ただダラダラとレッスンを受けに来るだけで教えたこともほとんどやらずに また次のレッスンを受けに来る生徒さんや、 レッスン時の大切な話を...

☆彡新年あけましておめでとうございます。 去年やり残した事、出来なかったことをもう一度整理して、 今年は更なるステップアップを計って参りましょう! 2016年今年も❝風雅あきら❞をよろしくお願いします<m(__)m> 今年の初めは❝いいギターとは?❞とい...

一日自由に好きなように時間を使える人は少ないでしょう。 ほとんどの人は仕事へ、学校へ行き、働いて、勉強をして、アルバイトや友達の付き合いなどで 思ったように時間を作ることが困難とも言えます。 最近忙しくて思うように練習出来ません・・・といった生徒がいますが ワタシもその...

ジャズ!という言葉からどういうイメージが浮かびますか(・・? オシャレで大人な音楽、インテリミュージック、難解でよくわからない音楽、BGM・・・ など人それぞれに感じ方は違うようです。 ワタシはジャズのおいし~いトコロは?と聞かれると、ズバリ❝メロディーに対するコード進行にあ...

ブログ記事 ページ先頭へ