全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター栃木 風雅あきらのジャズギター教室 スクールブログ さあ、今日から...

さあ、今日から君もジャズギタリストだ!

ジャズって難しそうだなあ・・・ジャズギターって大変らしいよ・・・ジャズって何だかよく分からない・・・

まあ、はじめてジャズに出会う方々がふつうに言われる言葉を並べてみた。

確かに難しいし、ある意味複雑、そして外部に向けて凄まじいエネルギーを放つロックや大衆性のあるポップスに比べれば極めてインサイドな側面を持っているかもしれないね。

でも難しく考えずにジャズと接することは出来ないだろうか?
もともと音楽が先にあって理論は後から来たものらしいが、いっそのことこざかしい理論やスケールをスキップしてジャズのおいしいトコだけをさらってしまえばどうだ・・・

ワタシが最初にジャズに興味を持ったのは今からおよそ30年くらい前なのだが、当時働いていたジャズ喫茶のマスターの素晴らしいコレクション(アナログ盤)300枚の中から、たった3枚のおかげでジャズの世界に入って行ったよ。

当時のワタシはロック、ポップスばかりに関心がありどこかでジャズギターをうらやんではいたものの、実際にジャズという言葉の響きに恐れをなし、所詮インテリか爺さんの奏でる音楽だよ!などと勝手な言い逃れをしてはジャズから逃げていたんだな。

確かにロックのほうがパワフルである意味訴求力があるし、何といってもペンタトニックスケールさえ覚えてしまえばあとは何とかなるという楽さがある。

しかしだ、ジャズのあの独特のコードの響き、歪ませずに得られる美しくかつ速いパッセージ、そして怒涛のアドリヴ・・・と心のどこかに引っかかっていた。

ところが実際にジャズの巨匠達、例えばチャーリーパーカー、コルトレーン、マイルスデイビスといった面々のレコードを聴けばきくほど頭の中がぐるぐる、しまいには何だかなあ~~~・・・となっていたよ。

一言で言えば❝分かり難い❞難解なのだ。

そりゃそうだ、今まで聴いてきた音楽にはない音階のオンパレード、凄まじく起承転結のなさげな構成、そして一曲が長い!

こりゃだめだ!

と何度途中でリタイアしたことだろう。

そんな中、まるでワタシを極楽浄土へ引っ張り上げていく観音様?のようにすうーっとジャズの世界へ導いてくれたのは、

デイヴブルーベックのディズニーのカバーアルバム(不思議の国のアリス)、オスカーピーターソンのサテンドール(酒とバラの日々)そしてジョージベンソンのブリージンだった。

これなら聴きやすいわ!
ジャズってメロあるじゃん!
ジャズギターってカッコイイ!

と無邪気にそう思ったね。

あまり難しく考えずに、ジャズの世界へ入ってゆきましょう(笑)
かく言うワタシ、今もあまりマニアックなものは好きじゃあないんだ。

ジャズのコードから得られる麻薬のような快感は他では得られないし、
難しいソロよりテーマのほうが気持ちいいことだっていっぱいあるよ。

さあ、キミも今日からジャズギタリストだ!

 

(2014年8月30日(土) 23:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現場でレコーディング経験豊富!ロック・ポップスにも造詣が深い先生

ブログ記事 ページ先頭へ