全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター栃木 風雅あきらのジャズギター教室 スクールブログ とにかく好きな...

とにかく好きな曲から、好きなプレイヤーのソロ、バッキングをコピーしてみよう!

好きこそものの上手なれ!という諺がありますが、

上達の一番の秘訣は、とにかく集中&継続です。

何事も本当にある程度のレヴェルに到達するまでにはそれ相当の時間はかかります。

長きに渡って変わらぬテンションで練習に臨むためには

その練習材料、つまりマテリアルが本当に興味をそそるモノでなければなりません。

もちろん自分の好きな事だけしかやらないのでは本当の意味で高いレヴェルのプレイヤーになることは難しいでしょう。

ですがまずは継続!

最初からあまりに高い目標を設定したばかりに、1ヵ月と持たずにドロップアウトしてしまったのでは元も子もありません。

まずは自分が一番聴いていて興味を持った楽曲なり、プレイヤーなりのソロや
バッキングをコピーしてみましょう。

一曲まるまるというのではなく、その曲の一部分でもよいので

とにかく楽しみながら、なおかつ飽きない練習を習慣つけることが大切です。

ワタシの場合はディズニー(デイヴブルーベックのディズニーのアルバム)の楽曲からジャズに入りました。

本格的にアナライズしてジャズのアプローチでソロのメイキングにトライしたのは

ラリーカールトンのルーム335でした。

若かりし頃のワタシにはほとんどのジャズの楽曲、ギターのフレーズは何度聴いても残らない、難解なものばかりに思えたものです。


おかげで毎日飽きずに練習に没頭出来ました。

自分の中に、長時間の練習や難解なコードワーク、スケールなどを吸収できる免疫が出来てしまえば、

あとは楽しいルーティンワークのようなもの。

毎日の練習がまったく苦にならなくなります。

ですから最初はあまり無理をしないで、

とにかくシンプルに、楽しめるところから入ってゆきましょう!

 

(2014年8月27日(水) 6:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現場でレコーディング経験豊富!ロック・ポップスにも造詣が深い先生

ブログ記事 ページ先頭へ