サイタ音楽教室ギター教室ジャズギター栃木 風雅あきらのジャズギター教室 スクールブログ ギターを選ぶ時...

ギターを選ぶ時に・・・

毎日の練習ははかどっていますか?

この暑さのせいでバテたり、ついビールを飲みすぎて全く集中出来ないなんてよくある話ですよね。

練習の時やライヴ前にお酒は厳禁です!(個人差はありますが(^^♪)

出来ればスポーツドリンクで頑張りましょうか。


さて今回はちょっとギターのお話をしましょう!

ジャズギターといえば、ほとんどの方がフルアコを連想します。

もちろんその甘くて暖かいフルアコならではのトーンは他のソリッドギターでは出せない趣があります。

そして何よりもルックスに魅了されますね、大きなアーチドトップのホロウボディやアンプを通さずとも練習出来る程の大きな音、

部屋に置いて眺めるだけでも素晴らしいギターと言えます。

ではストラトやレスポール、などといったソリッドギターはジャズには向いていないのでしょうか(・・?

いいえ、そんなことはありません。

実はこのギター選びというのは個人的な嗜好性が一番大きいのです。

あの神業的ギタープレイでジャズギタリストの王座に君臨し続ける‘’パットメセニー‘’はフルアコと同等にアンペッグのおなじみのソリッドギターを愛用しています。

パットマルティーノはセミアコに近いソリッドタイプのボディシェイプが割と小さなギターを愛用していますし、渡辺香津美もソリッドタイプのギターを愛用しています。

私の大好きな‘’ラリーカールトン‘’は元祖335(セミアコ)と思いきや、ストラトや
レスポールジュニアを弾いている時期もありました。

まあ、本当に純粋に4ビートのジャズ、いわゆるジャズトリオとかコンボとかでプレイするならフルアコが一番とも言えますが、

ふつうにポップスやフュージョンをプレイするようなギタリストならフルアコに執着することもありません。

時にオーバードライヴで割と大きめの音でプレイすることが多い、やマテリアルがジャズだけではない・・・

といったトータル的なスタイルのギタリストなら、フルアコはむしろ使い勝手が悪いと言えます。

結論から言えば、ジャズのトーンを決定するのは自分の(脳)であり、自分自身のアーティキュレーションです。

以上をよく踏まえた上でギターを選ぶとよいでしょう(^_-)-☆

 

(2014年8月2日(土) 16:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現場でレコーディング経験豊富!ロック・ポップスにも造詣が深い先生

新着記事

今日もいろんな生徒がワタシのレッスンルームを訪れた。 栃木のこんな場所でさえ真剣にギターを習いたいと志し 熱心にワタシのレクチャーに通い、時に忙しく時に世知辛い日常の中でさえいつも音楽、ギターと向き合う姿勢を 忘れずに生きている生徒達に毎回のようにエネルギーをもらうね。(^_...

新年になってから新規の生徒さんが次々と入会され、 ますます意気揚々!自己の練習&レクチャーにも益々気合が入る今日この頃ですが、 半面ただダラダラとレッスンを受けに来るだけで教えたこともほとんどやらずに また次のレッスンを受けに来る生徒さんや、 レッスン時の大切な話を...

☆彡新年あけましておめでとうございます。 去年やり残した事、出来なかったことをもう一度整理して、 今年は更なるステップアップを計って参りましょう! 2016年今年も❝風雅あきら❞をよろしくお願いします<m(__)m> 今年の初めは❝いいギターとは?❞とい...

一日自由に好きなように時間を使える人は少ないでしょう。 ほとんどの人は仕事へ、学校へ行き、働いて、勉強をして、アルバイトや友達の付き合いなどで 思ったように時間を作ることが困難とも言えます。 最近忙しくて思うように練習出来ません・・・といった生徒がいますが ワタシもその...

ジャズ!という言葉からどういうイメージが浮かびますか(・・? オシャレで大人な音楽、インテリミュージック、難解でよくわからない音楽、BGM・・・ など人それぞれに感じ方は違うようです。 ワタシはジャズのおいし~いトコロは?と聞かれると、ズバリ❝メロディーに対するコード進行にあ...

ブログ記事 ページ先頭へ