全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター栃木 風雅あきらのジャズギター教室 スクールブログ 練習の前に、ま...

練習の前に、まずはギターの調整を!

ギターはとっても魅力的な楽器です。(^^♪

さあ!今日は思いっきり練習するぞ!と意気込む前に、

肝心なギターの調整は出来ていますか?

いくらチューナーを使ってチューニングしても、なんか音が合わない、とか

特にローポジションでは合っているのにハイポジションで弾くと変な感じ、とか弾いているうちにどんどんチューニングが狂ってくる・・・・

「やっぱ安いギターだからダメなんだな!」

「ローンでも組んでギブソン買うしかないな!」

と自己解決してしまう前に、もう一度!

①ペグのネジは緩んでいないか?(ナットのゆるみもチェック)

②ブリッジサドルのオクターブ調整はしっかりできているか?

③弦の巻き方、巻き具合に問題はないか?

④ブリッジの高さ調整&トラスロッドの調整は出来ているか?(ハイポジションでのビビリや弦高が高くてプレイしにくいと言った不具合)

以上の4つの項目をちゃんとクリアーすればほとんどの場合、

ベストなコンディションでプレイ出来るはずです。


特に昨今はギターを作る技術もかなり向上しているため、昔によく見られた俗に言う、

‘’フレットおんち‘’や購入した時にはすでに

‘’ネックが反ってしまって使い物にならない‘’

などと言った不具合はほとんどありません。

もちろん売る側の保管上の問題等で、わずかながら‘’ハズレ‘’の製品に当たってしまう場合もあるでしょう。

しかし、多くは調整が出来ていないために、

チューニングが安定しない、合わない、ハイポジションが弾き難い・・・

といった現象が見られるわけです。

さあ、気持ちよくプレイをするために、まずはしっかりとメンテナンスをして、

ギターにとってベストな状態を作りましょう!

もちろん古い弦がスグ交換しましょうね(^_-)-☆

練習の前に、まずはギターの調整を!

(2014年7月21日(月) 17:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現場でレコーディング経験豊富!ロック・ポップスにも造詣が深い先生

ブログ記事 ページ先頭へ