全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター東京 水口ジャズギタースクール スクールブログ JAZZで使う...

JAZZで使うギターって?

急に寒くなって、また冬に逆戻りしたみたいですが、皆さん、体調は崩していませんでしょうか?
こんな時は温かい料理が良いですね(^^)
僕は鍋にしました。体が温まりましたよ(^^)

さて、JAZZで使われるギターで皆さんが想像するのが、アコギみたいに大きくて、バイオリンみたいな穴があって、でもアンプにつないだりして、エレキみたいな所もある、何だか変なギター!
って感じる方も多いと思います(^^)

名前の総称は『フルアコースティックギター』と言われている種類のギターですが、アンプにつなぐのに、何だか矛盾した名前ですよね(^^;;
1940年代初頭ぐらいはアンプなんて無かったからまあ、その時代は矛盾は無かったのですが(^^;;

ここで本題に入りますが、実際にJAZZの曲を弾く時はこれが無いと出来ないのか?
と言う事は全くありません(^^)
僕は昔に、普通のアコギで練習していました(^^)
後、普通のエレキでJAZZを弾く事もあります(^^)
JAZZと言う音楽は決まり事が、多分一番少ない音楽なんですね(^^)
どんなギターを使ってもちゃんとJAZZになりますから、これからJAZZギターをやってみようと言う方は、ご自身の弾き慣れたギターで練習するのが一番です(^^)

と言う訳で、今日はこのへんで(^^)
お休みなさい(^^)

 

(2014年4月20日(日) 22:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

題名のない音楽会出演。世界中のジャズフェスで活躍するベテランコーチ

水口ジャズギタースクール
水口昌昭 (ジャズギター)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・上野・中野・北千住・石神井公園・大泉学園・小手指・所沢・...

ブログ記事 ページ先頭へ