全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ ファンキーにカ...

ファンキーにカッティングするために

こんばんは!

夜はまだまだ冷え込みますね。

僕は少し体調を崩していますが、みなさんも風邪等ひかぬよう、
薄着で出歩かないよう注意してくださいね。


今日は、ファンキーにカッティングするためのポイントを、4つほどお伝えします。


①正確に16分音符を刻めること。
これはクリック、メトロノームを16分音符で鳴らしながら練習するのもオススメです。

②フィジカル、フォーム
左手のミュートがきちんとできていること、右手のピックを弦に当てる深さが安定していること(あまり深く当てすぎない方が軽やかになります。)
あとはカッティング時の弦を通過するスピード。
キレの良いカッティングは手首、腕を使って振り幅を大きくすることが大切です。
(特に手首をやわらかく使うと良いでしょう。腕を完全に固定するのではなく、肘から下の支点を使って弾くと良いかもしれません。)

③アクセント
2拍目と4拍目にドラムのスネアがくるように、アクセントを2拍目、4拍目につけます。
ドラムのスネアと上手く絡むと気持ちよいノリになってきます。
足で2拍目と4拍目をカウントしながら練習すると身につけやすいと思います。

④音の長さ、ハネ具合の調節
音の長さ、、、他のパートに比べて、ギターだけ音が短かったり、長かったりしたらバンドとして噛み合いません。
カッティングだからといって、異常にキレ命と言わんばかりに音が短すぎても、浮きます。
ベースやドラムの打点の長さを参考に音の長さを調節します。

また特に注意すべきは「ハネ」、、、16分音符の最初が長く、後ろが少し長いといったような、リズムがイーブンでないノリを見極め、コントロールできるようにならなくてはいけません。

ドラムだとハイハットを参考にハネたノリとイーブンな16分音符を使い分けるように練習しましょう。


ブログ上で説明するだけだと、かなり簡略化しているので難しいかもしれませんが、以上の4つのポイントを意識するとグルービーになってくると思います。


それぞれのポイントを意識して練習してみてください!


※cyta.jpのアコースティックギターの部門で
2014年度MVPをいただきました。

これだけ多くの講師の方がいる中で、評価をいただけるのは嬉しいことです。
引き続き、良いレッスンが提供できるよう精進したいと思います!

 

(2014年4月19日(土) 22:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ