全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ 「簡単にモード...

「簡単にモードスケール(コードスケール)を弾く」2.理論的補足〜中級者以上向け

前回は「簡単にモードスケール(コードスケール)を弾く」ということで、とりあえず、「モードスケールの特徴音」を弾けばOK!という話をしました。


例えば
Dm7のコードの上でDドリアンスケールの響きを得たいのであるならば、特徴音であるナチュラル6thのBを弾きなさい、ということになりますね。


逆に言うならば、特徴音を弾かないとそのモードスケールを弾いているかどうか、判断することができません。


下記の添付画像にCメジャースケールを例にあげて、そこから派生するコード、モードスケールとその特徴音を記載しておきますので、確認してみてください。


さてもう一度、簡単にモードスケールを弾くための話を理論的補足を交えて話します。
まずはよく疑問にあがるのが、
「モードスケールで考えるメリットはなんですか?」ということ。


例をあげて説明します。
Dm7→G7→→CMaj7 (Ⅱ→Ⅴ→Ⅰ)でスケールを選択する場合。
添付画像にもあるとおり、Cメジャースケールからそれぞれ派生するモードスケールを当てはめます。

Dma7→Dドリアン
G7→Gミクソリディアン
CMaj7→Cアイオニアン

となりますね。

それぞれの構成音は
Dドリアン→DEFGABC
Gミクソリディアン→GABCDEF
Cアイオニアン→FGABCDE

となります。


「、、、、??構成音は結局、CDEFGABCを使って弾くので、Cメジャースケールだと考えて弾くのと変わらないじゃないか?」


はい、おっしゃるとおり、Cメジャースケールを弾くのと、何も違いはありません。


ですので、ダイアトニックでそのまま当てはめずに、違う当てはめ方をします。


例えば
Dma7→Dドリアン
G7→Gミクソリディアン
CMaj7→「Cリディアン」


とします。
ⅠMaj7のところで、Cアイオニアンではなく、Cリディアンを使用するのです。


Cリディアンの構成音はCDEF#GAFCとなるので
F→F#と変えて弾けば、リディアンスケールを弾いたことになります。


つまりこの解釈では
Dm7→G7までがkey=Cmajor
CMaj7がkey=Gmajor
に転調しているということになります。


このように弾けば、モードスケールで考える意味をわかっていただけると思います。


ただ、コードに対して好き勝手にモードスケールを選んで当てはめて弾けばよいという訳ではありません。


当てはめ方のざっくりとしたルールとして

ⅠMaj7は(ダイアトニックとしての解釈はアイオニアンスケール)
→リディアンスケール
Ⅵm7、Ⅲm7は(ダイアトニックとしての解釈はエオリアンスケール、フリジアンスケール)
→ドリアンスケール

で対応できると考えてみてください。
これはアヴェイラブル・ノート・スケールという考え方になるのですが、
ドリアンスケールとリディアンスケールはアヴォイドノートを含まないため、ノンダイアトニックとして使用することができるのです。
(※アボイドノートとは……コードと不協和な音。使用を避けるか、短い音価で用いることが望ましいとされています。)


従って、ダイアトニックで分析できない、Maj7、minor7はそれぞれ
リディアンスケール、ドリアンスケールで対応すれば、間違いはありません。


極端な話、リディアン、ドリアン、そしてドミナント7thとして使用されるミクソリディアンは使用頻度が高く、フリジアン、ロクリアンは使用頻度が低いと言えます。
(その他にもよく使うモードスケールはありますが、説明は省きます。)

そしてこのモードスケールですが、実はこのようなコードとしてのスケールはコードスケールと呼んだ方が適切なようです。


それに対して、
いわゆる、マイルス・デイヴィスがやったモードというのは
ドリアンスケールやフリジアンスケールのみで曲を構成し、調性としてモードスケールを使用していることになります。


つまり、Dm7一発の曲でDドリアンを弾くということが、純粋にモードスケールの解釈になります。


上記のような機能和声に置けるモードや調性としてのモードを勉強すれば、どのようなコード進行がきても、アドリブで対応できるようにはなってきます。


もちろん、複雑なプレイ=優れたプレイではありませんが、
演奏の対応力、幅を広げるために、是非モードスケール(コードスケール)を勉強してみてください。

「簡単にモードスケール(コードスケール)を弾く」2.理論的補足〜中級者以上向け「簡単にモードスケール(コードスケール)を弾く」2.理論的補足〜中級者以上向け

(2013年7月1日(月) 0:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ