全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ 音程(インター...

音程(インターヴァル)を理解する。(音楽理論のについて)

おはようございます。

今日は音楽理論の基礎になる音程(インターヴァル)についてお話します。

音程とは、ふたつの音の高さの隔たり、関係を指します。

それを「度数」で表して、分析に用います。


以下、添付した譜例を参照しながら読んでください。



各音程(度数)の表し方

1度 同度ともいう。二つの音の臨時記号、調号が同じ場合、完全1度(Perfect1st)=ユニゾン)と呼ぶ。

2度 二つの音の間に半音が1つの時、短2度(minor2nd)と呼ぶ。半音が2つの時、長2度(Major2nd)と呼ぶ。

3度 二つの音の間に半音が3つの時、短3度(minor3rd)と呼ぶ。半音が4つの時、長3度(Major3rd)と呼ぶ。

4度 二つの音の間に半音が5つの時、完全4度(Perfect4th)と呼ぶ。半音が6つの時、三全音または増4度(augumented4th)、減5度(diminished5th)、トライトーンと呼ぶ。

5度 二つの音の間に半音が7つの時、完全5度(Perfect5th)と呼ぶ。半音が6つの時、減5度と呼ぶことがある(上記4度参照)。

6度 二つの音の間に半音が8つの時、短6度(minor6th)と呼ぶ。半音が9つの時、長6度(Major6th)と呼ぶ。

7度 二つの音の間に半音が10個の時、短7度(minor7th)と呼ぶ。半音が11個の時、長7度(Major7th)と呼ぶ。

8度 二つの音の間に半音が12個の時、完全8度(perfect8th)と呼ぶ。完全8度はオクターブとも呼ぶ。


※ 9度以上の音程 9度のことを1オクターブ(または単にオクターブ)と2度とも呼ぶ。なお、オクターブ以下の音程を単音程、オクターブを超える音程を複音程と呼ぶことがある。


添付してある下記譜例では、基本の三和音、四和音に含まれない9度以上の音を重ね、更に拡張される場合の音をテンションノートとして記載しています。

具体的には9th、11th、13thにプラスして各々に#、♭をつけたものになります。


(下記譜例でInversion(転回形)と記載してあるのは、転回したら音程はどうなるのか? といった設問として記載しています。転回についてはまた別の機会に解説したいと思います。)


以上が理論的解説となります。


う〜ん、こうやって書いてみると、何やら複雑に見えますが(苦笑)


大切なことは「音程を色彩(カラー)」として認識することです。


例えば、短3度(minor3rd)は「悲しい感じ」がするとか。
長3度(Major3rd)は「明るい感じ」がするとか。


いわゆる相対音感を身につけ、ギターの指版を把握するのです。

→相対音感については過去ブログを参照してください。
http://cyta.jp/jguitar/b/20565


実際にギターで音程を弾きながら確かめてみてください!


音程を理解し、ギターの指版の形が見えてくると、アドリブやコード、作曲やアレンジに対する能力が飛躍的に上がります。


音楽全般に関する基礎的な理論になるので、ちょっとギターが弾けるようになってきたら、是非、覚えてみてください!

音程(インターヴァル)を理解する。(音楽理論のについて)

(2013年5月30日(木) 9:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ