サイタ音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ 音程(インター...

音程(インターヴァル)を理解する。(音楽理論のについて)

おはようございます。

今日は音楽理論の基礎になる音程(インターヴァル)についてお話します。

音程とは、ふたつの音の高さの隔たり、関係を指します。

それを「度数」で表して、分析に用います。


以下、添付した譜例を参照しながら読んでください。



各音程(度数)の表し方

1度 同度ともいう。二つの音の臨時記号、調号が同じ場合、完全1度(Perfect1st)=ユニゾン)と呼ぶ。

2度 二つの音の間に半音が1つの時、短2度(minor2nd)と呼ぶ。半音が2つの時、長2度(Major2nd)と呼ぶ。

3度 二つの音の間に半音が3つの時、短3度(minor3rd)と呼ぶ。半音が4つの時、長3度(Major3rd)と呼ぶ。

4度 二つの音の間に半音が5つの時、完全4度(Perfect4th)と呼ぶ。半音が6つの時、三全音または増4度(augumented4th)、減5度(diminished5th)、トライトーンと呼ぶ。

5度 二つの音の間に半音が7つの時、完全5度(Perfect5th)と呼ぶ。半音が6つの時、減5度と呼ぶことがある(上記4度参照)。

6度 二つの音の間に半音が8つの時、短6度(minor6th)と呼ぶ。半音が9つの時、長6度(Major6th)と呼ぶ。

7度 二つの音の間に半音が10個の時、短7度(minor7th)と呼ぶ。半音が11個の時、長7度(Major7th)と呼ぶ。

8度 二つの音の間に半音が12個の時、完全8度(perfect8th)と呼ぶ。完全8度はオクターブとも呼ぶ。


※ 9度以上の音程 9度のことを1オクターブ(または単にオクターブ)と2度とも呼ぶ。なお、オクターブ以下の音程を単音程、オクターブを超える音程を複音程と呼ぶことがある。


添付してある下記譜例では、基本の三和音、四和音に含まれない9度以上の音を重ね、更に拡張される場合の音をテンションノートとして記載しています。

具体的には9th、11th、13thにプラスして各々に#、♭をつけたものになります。


(下記譜例でInversion(転回形)と記載してあるのは、転回したら音程はどうなるのか? といった設問として記載しています。転回についてはまた別の機会に解説したいと思います。)


以上が理論的解説となります。


う〜ん、こうやって書いてみると、何やら複雑に見えますが(苦笑)


大切なことは「音程を色彩(カラー)」として認識することです。


例えば、短3度(minor3rd)は「悲しい感じ」がするとか。
長3度(Major3rd)は「明るい感じ」がするとか。


いわゆる相対音感を身につけ、ギターの指版を把握するのです。

→相対音感については過去ブログを参照してください。
http://cyta.jp/jguitar/b/20565


実際にギターで音程を弾きながら確かめてみてください!


音程を理解し、ギターの指版の形が見えてくると、アドリブやコード、作曲やアレンジに対する能力が飛躍的に上がります。


音楽全般に関する基礎的な理論になるので、ちょっとギターが弾けるようになってきたら、是非、覚えてみてください!

音程(インターヴァル)を理解する。(音楽理論のについて)

(2013年5月30日(木) 9:28)

前の記事

次の記事

新着記事

GWの真夏に迫る暑さから、一転、昨日から3月に戻ったような寒さですね。 体調管理には気をつけないと! さて演奏情報の告知です。 本日発売のドラマCD「あめふらし」  主演:飯田里穂 、 はるかひとみ  OP,ED曲ギターを担当させていただきました。 http://tower...

GWはいかがお過ごしでしょうか? 僕は普段と変わらず仕事をしている毎日です。 4/29には岩船山クリフステージに出演させていただいて、3400人という大勢のお客様の前でメインとなるインストを含め、バックバンドで演奏するという機会に恵まれました。 また、スタジオでガットギター、アコ...

先日は桜咲く目黒川付近のレコーディングスタジオで アコースティックギターとガットギターのダビングをしてきました。 スタジオワークは限られた時間(この日は1時間)の中で行うので、色々な角度から日々鍛錬していなくてはいけません。 もっと良いギターが弾けるように頑張っていきたいと思います。 ...

具体的にレッスンで使用している譜面を載せてみます。 以前に生徒さんのご要望で 「丸の内サディスティック/椎名林檎」のR&B,Jazz 的なアドリブソロ例として書いたものになります。 クリーントーンで弾く大人っぽい(?)色気のあるソロを目指して シンプルにマイナーペンタトニックを基軸...

またまた久しぶりの更新になってしまいました。 僕は録音の仕事、音楽制作でアンプシュミレーターのKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー )をよく使用しています。 単純に言って、便利な機材です。 色々なアンプをプロファイル...

ブログ記事 ページ先頭へ