全国5万人が受講している「サイタ」

ジャズギター教室・レッスン

ジャズギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ジャズギター東京 ビタミンジャズギタースクール スクールブログ 的確なアドバイ...

的確なアドバイスができたとき

レッスンの合間にブログを書いています。


先日、一言のアドバイスで劇的にギターソロを豊かにとれるようになった生徒さんがいました。


彼は音楽専門学校にも通っているので、とても真面目にギターに取り組んでいます。


しかし、アドリブソロとなると、考えて過ぎてしまい、モードスケールを並べたようなソロになるか、ペンタトニック一辺倒になってしまうことが悩みだったようです。

レッスンで取り扱った課題曲はジャズファンクで有名な曲でコードはFm7、一発から進行していくモノでした。

学校では、「モードスケール(Fのドリアンスケール)を使用してアドリブソロをとりなさい」

なんて説明を受けたらしいのですが、それだけだとスケールを並べたソロになってしまっていました。


そこで、僕は
「トライアド(三和音)でフレーズをつくってごらん。例えばFm7のコードの上ではFmのトライアドはもちろん、そのダイアトニック上に出てくるトライアド、、、例えば Gmとか、B♭Mのトライアドを使って試してみたらどうかな」
と提案したところ、ぎこちなかったアドリブソロが、劇的に音楽的に聴こえるようになりました。


生徒さんのテンションも上がったのですが、僕自身でもびっくりするくらい効果があったので、とてもテンションが上がってしまいました。


自分のアドバイスによって、ギターがうまく弾けるようになる瞬間というのは、講師としてもとても嬉しい瞬間です。


僕ももっと的確なアドバイスができるようあらためて日々研鑽していきたいと思いました。


 

(2012年2月25日(土) 17:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

立教大学卒のインテリ派のジャズミュージシャン!

ビタミンジャズギタースクール
三田村和義 (ジャズギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・経...

ブログ記事 ページ先頭へ