全国5万人が受講している「サイタ」

イタリア語教室・イタリア語講座

イタリア語教室・イタリア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事イタリア語教室東京 聴いて話して歌って覚えるイタリア語会話 スクールブログ る考

る考

る考


あっろーら、 今日は"る"について考えて見ましょう。

る?てなんだ? rrrrrrrrrrrイタリア語やスペイン語で出てくる巻き舌の"る"の事です。 会話をする時に真っ先に発音の壁になるやつですね。

巻き舌の"る"がうまく処理出来ないと、言葉が仕えてスムーズに喋れないからです。

イタリア語にはLの子音とRの子音の舌の先っぽの使い方に大きな違いがあります。

L えっれはしたの先を前歯の裏にくっつけて、しっかり弾いて発音します。よく似た発音にN えんね があります。

ではR えっレ はどうすればうまく行くのか分かりやすく説明しましょう。

まず、口を半開きにして舌を脱力させる感覚を保ちます。 そして鼻からゆっくり深呼吸してお腹に息が入った感じになったら、勢い良く息を吐いて舌の先を一気に震わせます。

初めの頃はrrrはーはー くらいでもいです。 力でやろうとしてはいけません。 息をしっかり流しながら、rrはーrはーr みたいな音しか出ないのが
根気よく頑張るとrrrrrrrrrrrrrrrrと高速で舌の先を震わせることができるようになります。

ポイントは息の流し方。そう!腹式呼吸ですね。 イタリア語はとっても息を流しながらレガートに滑らかに話すことができる言葉なので、この横隔膜の柔らかい使い方が、実はわかりやすい発音の近道かもしれません。

ベッドによこになって息を吸うと自然と下腹部が膨らんで複式を感じやすくなります。息を思い切りはくときにお腹が凹まないように頑張ってあげると腹式呼吸のトレーニングになりますよ。

Rの子音の習得! できてない人は試して見てください。


では あ ぷれすと!

 

(2014年7月13日(日) 14:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本場ボローニャのオペラ歌手!音楽~ワインの話まで盛り上がるレッスンを

聴いて話して歌って覚えるイタリア語会話
小城龍生 (イタリア語)

目黒・高田馬場・池袋・東中野・飯田橋・和光市・桜台・練馬・所沢・小竹向原・豊島園・中...

ブログ記事 ページ先頭へ