全国5万人が受講している「サイタ」

イタリア語教室・イタリア語講座

イタリア語教室・イタリア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事イタリア語教室東京 聴いて話して歌って覚えるイタリア語会話 スクールブログ 五月といえば

五月といえば

もう六月ですが、五月といえば、シューマンの美しい五月にや、カンツォーネでも五月の夜とか五月だったとか愛の歌ばかり。
やっぱり新緑は世界共通恋の季節なの~なんですね。

しかしイタリアにおいては五月は悪魔の季節。 失恋したわけでもないのに、鼻水ジュルジュル涙ポロポロ。
そう、奴が待機中に飛びまくるんです。

それはポプラの綿毛、イタリア語ではpioppo
ピオッポといます。古くは古代イタリアの民衆の木 albero de populus から言葉が変化したといわれるほど特に北イタリアではメジャーな木であらゆる木工製品にも利用されます。

秋になれば並木道を黄金色に彩り、太陽の光を反射して素敵な散歩を演出してくれるポプラの木。
ただこの季節だけは勘弁、見上げるほど背の高いポプラの木の半分くらいが真っ白な綿毛に覆われて、気持ちのいいはずのそよ風が、その悪魔の子供達を街中にばら撒くんですから。 ポプラアレルギーのない人には関係のない話ですねー。 でもポプラが綿毛を飛ばすといい事もあるです。

なぜならその後にやって来るのはイタリアで最も過ごしやすい初夏の季節。空気は乾燥して気温は適温で、街を歩きながらジェラート食べて、短い夜を近所のバールのオープンテラスで過ごせる時間がすぐそこに迫って来ているんですから!

 

(2014年6月1日(日) 4:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本場ボローニャのオペラ歌手!音楽~ワインの話まで盛り上がるレッスンを

聴いて話して歌って覚えるイタリア語会話
小城龍生 (イタリア語)

目黒・高田馬場・池袋・飯田橋・東中野・和光市・桜台・練馬・所沢・小竹向原・豊島園・中...

ブログ記事 ページ先頭へ