全国5万人が受講している「サイタ」

イタリア語教室・イタリア語講座

イタリア語教室・イタリア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事イタリア語教室千葉 イタリア語教室スパチオ・ドゥエ スクールブログ イタリア語は世...

イタリア語は世界のサッカーの「共通語」

最近、本田圭佑選手の記事を日伊のニュースサイトで見るにつけて、思い起こすエピソードがある。

それは今から10年前、2004年のトヨタカップでのハーフタイムのこと。

日本テレビの実況席にジーコとプラティニが特別ゲストとしてやって来て、明石家さんまの司会でミニ対談が始まった。

2人にはそれぞれ、ポルトガル語⇔日本語とフランス語⇔日本語の通訳が付いており、最初は彼女らを介して整然と会話が進行していたのだが、やがて、両人とも「まどろっこしい」と思ったのか、イタリア語で直にコミュニケーションをし始めたのだ。

イタリア語の通訳はいなかったので、彼らの「活きた」言葉のやりとりがお茶の間に紹介されることはなかった。

言葉通り「地団太を踏んで」悔しがるさんま氏が漏らした、

「だったら最初からイタリア語の通訳を1人呼べば済んだのに」というセリフが印象的だった。

その時ぼくは、世界のサッカーでイタリア語が「共通語」であることを認識したのだった。

そんなことがあって、ACミランへの入団直後に本田選手の「いまはイタリア語で挨拶もできない。でも思った以上に英語をしゃべれる人が多い。ほとんどの人が英語をしゃべるので(イタリア語を)覚える必要があるのかと今のところ感じている」とのコメントが新聞に載った際、何かイヤな予感がしたのだった。

ちなみに、彼の発言に対して長友佑都選手はこう話していた。

「ボクはとても必要だと思う。インテルも外国の選手が多いが、みんなイタリア語を話せる。長くイタリアでプレーするにはやっぱりイタリア語を習得しないといけないと思う。そう勧める。彼ならすぐ習得するだろう」

2月23日のサンプドリア戦。2対0でミランが勝ったこの試合で、本田選手は攻守に奮闘し、随所にいい動きを見せていた。

しかし、そんな彼の足元にボールがなかなか回ってこない(とくにモントリーヴォは「無視しているのか」と思えるほどだった)。時折本田選手が浮かべる、落胆とも言うべき表情に、観ている方もせつなくなった。

パスが来ないのは、チームメイトがまだ彼を技術的に信頼していないからなのか、それとも常日頃の「言葉のパス交換」の欠如が原因なのか。もしいま、自分が現地にいたらぜひ取材してみたい。残念ながら、その疑問に答えてくれる記事は、いまのところ日本のメディアからはない。

「不言実行」

「答えはプレーで示せばいい」

とは、我々日本人がよく好んで用いる言葉だ。

でも、本当にそれでよいのだろうか。

「ミランの10番」に求められているものは、それプラス、のような気がする。

 

(2014年3月22日(土) 13:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立ペルージャ外国人大に留学。元新聞記者が、現地情報を交えてレッスン

イタリア語教室スパチオ・ドゥエ
天野久木 (イタリア語)

西船橋・下総中山・行徳・妙典・原木中山

ブログ記事 ページ先頭へ