全国5万人が受講している「サイタ」

イタリア語教室・イタリア語講座

イタリア語教室・イタリア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事イタリア語教室大阪 イタリア語講座 サ・カブーダ スクールブログ サルドの言葉

サルドの言葉

 みなさん、暑いですが、いかがお過ごしでしょうか???

 今日は、私のイタリア語講座の名前の由来について、お話ししたいと思います!!!

 Sa cabuda(サ・カブーダ)と言うのは、その響きからもお分かりの通り、イタリア語ではありません。

 私の、イタリア語の恩師は、イタリア中部のティレニア海に浮かぶ、サルデンニャ島という島の出身で、彼にちなんで、講座名は、サルド語で、付けたのでした。

 (イタリア語で、sardegnaの形容詞は、sardoで、地名の形容詞は、そこで話されている言語も示すので、サルド語と言います)

 Sa cabudaは、サルド語で、「友情」という意味。イタリア語では、L'amiciziaと言います。

 この、Saというのは、定冠詞で、イタリア語の女性定冠詞、Laに当ります。

 サルデンニャ以外のラテン語を継承した地域では、ラテン語の、illum(あれ)と言う単語から、定冠詞が派生したのですが、サルデンニャ島だけは、ipsum(それ自身)と言う単語から、定冠詞が出たために、こう言った違いになったそうです。

 今、私は、北イタリアの方言について関心があり、いろいろ、学んでいるのですが、私が、方言について関心を持ったきっかけは、中南部の方言だったのです。

 

(2013年8月25日(日) 21:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

学習歴20年以上・大学で専攻も。歴史~北部の方言まで極めたイタリア通!

イタリア語講座 サ・カブーダ
橋口まな (イタリア語)

高槻・尼崎(JR)・園田・塚口・武庫之荘・西院・西京極・桂・長岡天神・尼崎(阪神)

ブログ記事 ページ先頭へ