全国5万人が受講している「サイタ」

イタリア語教室・イタリア語講座

イタリア語教室・イタリア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事イタリア語教室東京 しゃべって楽しむイタリア語 スクールブログ 足す文化、引く...

足す文化、引く文化

イタリアに行ってみて気づいたことがある。
それが足す文化と引く文化。
われらが日本は明らかに引く文化、一方イタリアは足す文化。

一番知られているのはお釣りの計算方法じゃないでしょうか。
日本はもらったぶんから値段を引いてお釣りを渡す。
イタリアは値段をお釣りを足してもらったぶんと同額にする。

たとえば625円の本を買いました。1000円札出しましょう。
われわれは1000-625=375円がお釣りを計算します。
イタリアは625+(5+20+50+300)=1000円ってな感じで桁の小さいほうから順にお釣りを返される。
個人的には後者の方がわかりやすいかなーと思う。



それでさらに気づいたのはサービスにもこの傾向があるということ。
ここでいうサービスとはレストランなんだけれども(^^;)

うちのレストランは味見という名目で客が頼んでない料理を半分の量とかにして持っていくことがよくある。
デザートもわりとサービスとして一皿増やしたりもする。
客もこういうサービスは非常に喜ぶし、いいことだと思うのだが。。。

たまに日本の客に言われるのは
「いろいろ出してくれるより、ワインただにしてくれないかなー」とか
(デザートをサービスで出したときに)「デザートをサービスしてくれるよりグラッパをただにしてくれたらよかったのに」というもの。

日本人はやはり頼んでない何かを追加されるよりも、頼んですでに食べて(飲んで)しまったものを引かれるほうが好きみたい。
確かに頼んでないもの(必ずしも欲しくないもの)をサービスしてもらうより、好きで頼んだものをサービスしてくれるほうが得した気分になるんかもしれんですなあー。

以前ホールに30人ぐらいの団体が来たときに日本人のカップルがいたのだが、あまりにも団体がうるさすぎてそのカップルがブチ切れたことがある。
上層部は謝り倒して「ワインをもう一本サービスするから機嫌直してくれ」って頼んでたけど、やっぱりそういうものは受け取れないとか言って拒否してたし。

ま、確かに日本人からすると、特にこの場合、モノで釣るみたいな感覚あったりしますもんねえ。(^^;)
ってのも僕は感じてたから「そしたら、あの頼んだワインをただにしてやったら?」って言うと「それはできない。あれは彼らが頼んだものでそれは払ってもらわないといけない」だとさ。一緒じゃないん!?(^^)

 

(2013年7月29日(月) 2:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フィレンツェに合計5年滞在。ゼロ~留学レベルまでリラックスしてレッスン

しゃべって楽しむイタリア語
泊直樹 (イタリア語)

東京・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・上野・秋葉原・有楽町・飯...

ブログ記事 ページ先頭へ