全国5万人が受講している「サイタ」

イタリア語教室・イタリア語講座

イタリア語教室・イタリア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事イタリア語教室東京 しゃべって楽しむイタリア語 スクールブログ コーヒー事情2

コーヒー事情2

今回はカッフェッラッテとカップッチーノ、さらにラッテマッキアートの特集でーす♪

やっぱり何がどう違うのか微妙なラインのお三方ですよねえ(^^)

カッフェッラッテはパート1で書いた通りですね。
エスプレッソコーヒーに(なるべく)泡なしのあっためたミルクを注いだものですね。
ガラスのコップで出されることが多いです。

カップッチーノは泡が非常に大事です、この泡がカップッチーノの真髄ですね☆
カップッチーノは陶器のカップで出されることが一般的です。

ラッテマッキアートは上の二つの合体バージョンのようなものです。
ガラスのコップで出されて泡泡のミルクが入っています。
が、上の二つと決定的に違うのは入れる順番です。
まずコップに泡泡のミルクと注いで、後からエスプレッソコーヒーを入れます。
「マッキアート(macchiato)」とは”染みがついた”という意味で、ミルクにコーヒーで染みをつけるんですね♪
それからラッテマッキアートはカップッチーノよりも泡が多いことが多いような印象ですね。
なので一番まろやかな味です♪


おんなじようでおんなじでない。
でもまあおんなじと考えても別にいっか、という感じのコーヒー事情でした♪

コーヒー事情2コーヒー事情2コーヒー事情2

(2013年7月15日(月) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フィレンツェに合計5年滞在。ゼロ~留学レベルまでリラックスしてレッスン

しゃべって楽しむイタリア語
泊直樹 (イタリア語)

東京・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・上野・秋葉原・有楽町・飯...

ブログ記事 ページ先頭へ