サイタパソコン教室・IT資格スマートフォン使い方教室スマートフォン使い方(iPhone)埼玉 脱ガラケー iPhoneスタートレッスン スクールブログ Appleのマ...

Appleのマウスはボタンが1つ。iPhoneにもボタンが一つ。iPhoneの操作は意外に単純!?

iPhoneをまだ使ったことがない方は、



iPhoneを見るとなんだかすごく複雑に見えて、
自分には手に負えないもののように
思えてしまうかもしれませんね。



でも大丈夫です。



iPhoneはとてもシンプルな仕組みでできています。



Appleのマウスは未だに
「ボタンが1つ」だということを知っていますか?



そしてiPhoneも
下の方に「大きくて押しやすいボタンが1つ」。



ここさえ押せば、どんな状況からでも
一発でホーム画面に戻れます。



Appleが昔から最も大切にしている理念は、
「シンプルで誰にでも使えるものをつくこと」
なのです。



iPhoneの画面内で使われている部品は
実はそんなに多くありません。



これは、僕がアプリを作っているからこそ
分かるというところでもあります。



どのアプリを開いても
画面上端と画面下端に ①「横長のバー」があって、
その間に ②「画面の中身」が表示される
という仕組みになっています。



バーの色などが変更してあるアプリもありますが、
これがIPhone画面の超基本的な構成です。



そして、各バーの上にはいくつかの ③「ボタン」があって、
そのボタンを押すと



新しくメールを作成したりとか、
写真を削除したりとかができるのです。



そういう全体に共通する仕組みがあるので、
どのアプリでも似たような操作が
できるようになっています。



皆さんも怖がらずに
いろいろ触ってみることで、
自然といろんな共通点が見つかると思いますよ。




[iPhoneアプリの画面]

-------------------
③  ③  ③   <ー ①横バー(上端)
-------------------



② 中身



-------------------
③  ③  ③   <ー ①横バー(下端)
-------------------



*③:ボタン( ①横バー上)



という構成になっていることに、
これからは少し着目してみてください。



iPhoneの画面が
よりシンプルに見えると思います。



今なら「1レッスン無料キャンペーン中」ですので、
このページの「体験レッスン申し込み(無料)」ボタンから
入りご検討していただくことで、
iPhone習得のお役に立てるかと思います。



より多くの人にiPhoneの楽しさを
実感していただけることを願っています。



ホソイタカノリ(iPhoneコーチ、iPhone&iPadデベロッパー)

Appleのマウスはボタンが1つ。iPhoneにもボタンが一つ。iPhoneの操作は意外に単純!?

(2016年4月15日(金) 17:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業はアプリ開発!理解しやすい講義で貴方も楽しいiPhoneライフを

脱ガラケー iPhoneスタートレッスン
ホソイタカノリ (スマートフォン使い方(iPhone))

北朝霞・西浦和・武蔵浦和・南浦和・東浦和・東川口・南越谷・赤羽・浦和・さいたま新都心...

ブログ記事 ページ先頭へ