サイタ語学の習い事インドネシア語教室大阪 CANTIKインドネシア スクールブログ Udah mu...

Udah mulai dingin di Jepang

Ak lagi nungguin muridku di suatu kafe
生徒さんを待ちながら とあるカフェの大きな大きな窓から
始まっちまった冬の景色を眺めています...

夏の間に足繁く通った海も シーズンオフで波もなく
結局今年は台風だなんだで 秋口のサーフィンも楽しめず
今季はついぞ 袖を通す事がなかったフルスーツを片付けようか どうしようか
考えています

Tapi...

Ak mau ke surfin Island pada akhir tahun nanti
udah dapat tiket pesawat Garuda Indonesia ♪

地元でできなかった分を Baliのいつもの場所で思いっきりやってやろうと
今からウキウキしてます!

最近になって 新しい生徒さんが立て続けに体験レッスン⇒そのまま、のめり込む、
(のめり込ませる?)の 嬉しい状況に しみじみ満足していて、
と、同時に、こんなにもインドネシア語にご興味を持たれる方々(理由は様々ですが)と
お会いでき、インドネシアについて語り合えることを、大変嬉しく思っております。

2012年から開講している私のKelas 「CANTIK INDONESIA」ですが
当所作成した授業資料、やはり そのままでは使わなくなっているのに気づきました。
つまり、「語学は生もの」なんですね
日々 アンテナを利かせて、古い言い回しを 流行りの言葉に移行させながら
何時間もかかってメンテナンスしていく私独自の授業内容に、
ご満足いただけているものと、勝手に思わせていただいています。ははは

開講当初はあまり知られていなかったYOU-TUBEでも 
今やインドネシア語の映画やアニメを存分に楽しめるようになっています

例えば。

「Sinetron Indonesia」
「DORAEMON Bahasa Indonesia」
などなど、なかなか楽しくて勉強になります。
聞き取れない単語はすっとばしても、なんとなく理解できれば OKとしましょう

いつも言ってるんです、生徒さんに。「とにかく毎日少しでも、触れ続けてください」
言葉は、淋しがりなのかもしれません。
せっかく覚えた単語達を脳内に置き去りにしてしまうと 逃げていきます
大切な事は、「思い出してやること」そしてその言葉達を使って
「短いセンテンスを作ったりして遊んでやること」

そうすると 彼らは 
      「お、こりゃ居心地の良い脳みそだ」
ってな感じで、居座り続けてくれます
そして、機会があれば 実際に声に出してやる=ローカル相手に使ってみる

あ、FBでインドネシアの方々とお友達になって、コメントのやりとり、なんてのも
いいですね~

せっかく便利な世の中になったんです、ばんばん活用しましょう
外にでるのも億劫になりそうなこの季節、暖かいお部屋でゆっくりお勉強するにも
ぴったりですよ

Ayo, belajar bersama



Udah mulai dingin di Jepang

(2017年11月22日(水) 13:49)

前の記事

この記事を書いたコーチ

西ジャワのバンドゥンへの留学時には日本語教師の経験も。翻訳で活躍中

CANTIKインドネシア
岡田道子 (インドネシア語)

梅田/大阪・天王寺・難波・藤井寺・天満橋・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ