全国5万人が受講している「サイタ」

インドネシア語教室・インドネシア語講座

インドネシア語教室・インドネシア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり3,700円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

サイタ語学の習い事インドネシア語教室神奈川 タカのインドネシア語教室 スクールブログ インドネシア語...

インドネシア語の特徴

お疲れ様です。インドネシア語講師のタカです。
今回はインドネシア語の特徴についてご説明いたします。

インドネシア語の文章は、ほとんどが後ろから修飾します。

Nama saya 私の名前 ・nama 名前 ・saya 私の

Buku ini この本 ・buku 本 ・ini この

●基本の語

△ □ ○
△接頭辞 □語根 ○接尾辞

★語幹の意味が分かれば接頭辞、接尾辞がついても意味が分かります。

●畳語......繰り返して、一つの語を形成します。

・sama-sama どういたしまして
・kira-kira 大体、およそ
・Pura-pura ふりをする

★インドネシア語は人称、時制による動詞の活用がありません。また、日常会話では主語を省略する場合があります。

●名詞句

・Bahasa Indonesia インドネシア語 ★後ろの形容詞、名詞が前の名詞を修飾します。
・bahasa 言葉、言語 ・Indonesia インドネシア

・Mobil baru 新しい車
・mobil 車 ・baru 新しい



以上インドネシア語の主な特徴でした!



 

(2016年10月2日(日) 12:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バリにダンス留学を経験!現地トークも交えながら他言語を学ぶ楽しさ実感

タカのインドネシア語教室
稲葉幸平 (インドネシア語)

横浜・菊名・新横浜・大倉山・妙蓮寺・白楽

ブログ記事 ページ先頭へ