全国5万人が受講している「サイタ」

インドネシア語教室・インドネシア語講座

インドネシア語教室・インドネシア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事インドネシア語教室東京 バハサ インドネシア語教室 スクールブログ インドネシア語...

インドネシア語を綺麗に発音するコツ #1

皆さん、こんにちは。

「バハサ」インドネシア語教室のバンダラです。来日している外国人観光客の増加と共に外国語を勉強している日本人も増えています。外国語を勉強している時は発音が一番気になりますよね。私も日本語学校にいた頃は、どうすれば日本人のように綺麗に日本語を発音できるのかなと思っていました。外国語を勉強している皆さんもネイティブ並みの発音ができるように日々努力していると思います。今回は、インドネシア語を綺麗に発音するコツについて書きたいと思います。

インドネシア語は英語と同じようにアルファベットを使う事から初めてインドネシア語を勉強している人の中でインドネシア語を英語のように学習する人が多いです。例えば、インドネシア語の単語の発音を単語丸ごと覚える事です。「saya 」(私)、「nama」(名前)のような短い単語であれば問題ありませんが「karyawan」(会社員)、「sekolah」(学校)、「universitas」(大学)のような長い単語になると難しくなりますよね。では、インドネシア語と英語の単語の違いを見てみましょう。

英語:「some」、「sort」
「some」の「so」の発音は「sort」 の「so」の発音は違いますよね。それに対してインドネシア語では、

インドネシア語:「sore」(夕方)、「sopan」(丁寧・礼儀正しい)
「sore」の「so」の発音は「sopan」の「so」の発音は同じです。

インドネシア語を綺麗に発音するコツは「音節」を理解する事です。

インドネシア人も小学校の低学年の時にこの音節について学習しています。この「音節」を理解すれば、インドネシア語をネイティブのように発音する事ができます。では、インドネシア語の「音節」を詳しく見ていきましょう。インドネシア語の単語は、音節に区切る事ができます。例えば、

namaは二つの音節から成り立っています →  na-ma
sayaは二つの音節から成り立っています →  sa-ya
indonesiaは五つの音節から成り立っています →  in-do-ne-si-a
sekolahは三つの音節から成り立っています →  se-ko-lah
universitasは五つの音節から成り立っています →  u-ni-ver-si-tas

単語の各音節を正しく発音すれば、インドネシア語を綺麗に発音する事ができます。各音節を見ると日本語のひらがなのような役割をしていますね。初めての単語を見た時はまず音節に区切り、各音節を正しく発音するようにしましょう。では、練習しましょう。以下の文章を音節を考えてみてください。

Nama saya Bandara.
Saya orang Indonesia.
Saya mahasiswa universitas Tokyo.

答えは、

Na-ma sa-ya Ban-da-ra
Sa-ya o-rang In-do-ne-si-a
Sa-ya ma-ha-sis-wa u-ni-ver-si-tas To-kyo

音節の区切り方については、次回のブログに書きたいと思います。

 

(2015年8月24日(月) 14:38)
この記事を書いたコーチ

東大院に在籍!講師経験も豊富、ネイティブならではの自然な会話表現が魅力

バハサ インドネシア語教室
バンダラ (インドネシア語)

池袋・上野・御徒町・秋葉原・北朝霞・御茶ノ水・飯田橋・水道橋・和光市・志木・鶴瀬・新...

ブログ記事 ページ先頭へ