全国5万人が受講している「サイタ」

インドネシア語教室・インドネシア語講座

インドネシア語教室・インドネシア語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事インドネシア語教室千葉 バリ島が何倍も楽しくなる!インドネシア語 スクールブログ インドネシアの...

インドネシアの友達から来るメールには必ず「ragi apa mio?」

古くからのインドネシアの友達は僕のことをmio(ミオ)と呼びます。

なぜなら みのる というmi-no-ruの流れがインドネシアの人々は舌が上手く回りません。

それでよくmi-o-ruと呼ばれ、自分からmioで構わないと小学生の頃に周りに言ってました。
気がつけば皆がmio! mio!と呼ぶように・・

そしてタイトルにある「ragi apa mio?」は『ラギ アパ? ミオ』の発音になります。~ですか?のように語尾が上がるのは質問形に多く、会話の途中で語尾が上がるアパ?となると質問されている、と言う事になります。

この ラギ アパ? とは 「今何しているの?」になります。

この「ragi apa mio?」には「今」の単語が含まれていません。

しかし、『今現在質問している』という事で、その時点で「今何をしているの?ミオは?」となるのです。

これがインドネシア語の便利な所と、この文法でメールやチャットが出来るようになると、相手方もとても親近感が沸きます。

そんなフレンドリーなメールの書き方なども教えていこうと思っています!

インドネシア語を楽しみましょう!!

インドネシアの友達から来るメールには必ず「ragi apa mio?」

(2013年12月11日(水) 0:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

インドネシア生活13年!はじめて~ネイティブレベルの上達まで、相談OK

バリ島が何倍も楽しくなる!インドネシア語
安部実 (インドネシア語)

取手・松戸・南柏・柏・成田・流山おおたかの森・ユーカリが丘・守谷

ブログ記事 ページ先頭へ