Web・デザインスクールInDesign教室レッスンノート 新規マスターを作成するには

新規マスターを作成するには

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

〇新規ファイルの作成には2種類あります。
レイアウトグリッドでの作成
Q数、行間、一行当たりの文字数、行数、段間の
設定をして作成。
余白は、天、地、小口、ノドのどこで設定するかを選ぶことができます。
 
マージン・段組を設定して作成
マージン(上下左右の余白)
段組(2段に分けたり、3段に分けたりする。)
を設定して作成。

○テキストの枠には、テキストフレームとフレームグリッドの二種類あります。
テキストフレームは、PhotoshopやIllustratorでもよくみられるテキストフレームと同じです。自由度が高く、ビジュアル重視のカタログや写真の下に入れるキャプションに向いています。
フレームグリッドは、フォントやフォントサイズ、行間など書式に関する情報を設定できます。あらかじめ形が決まっている時やまとめて同じ書式に適応させたいとき、
テキストを流し込むだけで自動的に指定した書式の形になります。

〇マスターページの作成
マスターページには、共通で使用するオブジェクト(ページ番号、インデックス、
ヘッダー、フッターのデザイン部分)を配置します。
マスターページをページに適用するには、適用したいページを選択して、
ページパレットの右上の小さな矢印をクリックしてメニューを出し、
その中の「マスターページを適用」を選択し、
どのマスターページを適用させるかを選択します。
または、適用させたいページにマスターページをドラッグしても
適用することができます。

新規マスターを作成するには、
ページパレットの右上の小さな矢印をクリックしてメニューを出し、
その中の「新規マスター」を選び作成します。
このとき、「基準マスター」のところでマスターを選ぶとそのマスターを
ベースにしたマスターが出来ます。

〇表の作成
テキストを選択した状態で、上のメニューの「表」→「テキストを表に変換」を
選ぶと表を作成することもできます。
その他、セル内でのマージンや高さ、行の幅を数値で
入れる場合は、「ウィンドウ」→「書式と表」→「表」を選択して
表パレットで行います。

〇文字の設定
文字を入力、または他のデータからコピーペーストします。
書体を設定し、サイズ、行間を入力します。

文字の色を変更するには、
カラーパレットやスウォッチを使用します。
カラーパレットで作成したら、スウォッチに入れて使用すると
全体的に修正する際にスウォッチを修正するだけで
修正することができます。

〇スタイル設定
【段落スタイル】
サイズやフォントを設定した文章を選択して、段落スタイルパレットの下の右から2番目ページのマーク「新規スタイルを作成」をクリックするとスタイルが作成されます。作成されたスタイルをダブルクリックして設定画面を表示させ名前を入れます。
段落スタイルは、作成しただけですと文章に設定はされていない状態なので、忘れずに作成したら設定をします。

〇画像サイズ調整
 長方形フレームツール(×が付いている四角)で枠を作成します。
挿入したい写真を配置します。(ドラッグして入れることも可能です。)
右クリックしてメニューを出してオブジェクトサイズ調整を選びます。
「内容を縦横比率に応じて合わせる」を選びます。
横幅に合わせたいときは予め縦を大きめに広げておくと横幅に一度に合わせやすいです。

〇インライングラフィックで画像を入れる
テキストツール(Tのマーク)文章の画像を挿入したい箇所をクリックしておき、
Ctrl + D (配置)で配置をします。
文章の中に画像が挿入されます。
黒い矢印の状態で、文章外にクリックをすると
インラインではない状態で挿入されます。
その場合は、画像をカットして
挿入したい文章の部分をクリックしてペーストします。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務16年、現在は独立し経営も!細かく工程を分けて1つずつ丁寧に指導

InDesign教室 -かなで-
高橋直美 (InDesign)

東京・秋葉原・神田・新日本橋・馬喰町・淡路町・小伝馬町・人形町・水天宮前・岩本町

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta