サイタWeb・デザインスクールInDesign教室東京 サカウエInDesignDTP講座 スクールブログ 縦組みの美しさ...

縦組みの美しさの秘密 2

書体に明朝体というものがあります。
なぜ明朝体というのでしょう?

中国の「明」の時代に出来た書体だから「明朝体」というわけではないのです。
明以前に「宋(そう)」という時代がありました。
この「宋」の時代に出来た書体が明朝体なのです。
その書体が日本に入ってきた時代が、
中国の「明」の年代だったからなんです。

東洋には筆という文化が紙の誕生より先にありました。
そうなんですね。紙よりも先に筆があったんですね。
聖徳太子の木簡が有名です。

中国でも日本でも縦書きが主体でした。
そのため漢字は縦書きに適した体裁が自然と取られるようになりました。
それは、縦線が太く、横線は細いという特徴です。
縦線が太ければ、自然と目線は縦方向に流れます。

そして、東洋人の中にはDNAとしてこの明朝体の持つ意味合いが刷り込まれているんですね。

実はこのことが、日本の雑誌には縦書きが多い一つの理由なんです。
そして、その雑誌の本文に「明朝体」が使われることが多い理由でもあるのです。

でも、縦書きの雑誌が全て明朝を使っているわけではありません。
そこにはその雑誌が持つ性格があるのです。

つづく

 

(2014年3月28日(金) 21:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽雑誌でつちかった確かなデザイン力!わかりやすく丁寧に教えます

新着記事

雑誌の性格による書体の違い。 情報誌には明朝体が使われるケースは少ないです。 概ね「ゴシック体」が使われる場合が多いです。 それにも理由はあるのです。 「ゴシック体」は縦横の線の太さの差があまりなく、 直線的なラインが特徴です。 淡々と情報を伝える記事には文字にも無個性が適...

書体に明朝体というものがあります。 なぜ明朝体というのでしょう? 中国の「明」の時代に出来た書体だから「明朝体」というわけではないのです。 明以前に「宋(そう)」という時代がありました。 この「宋」の時代に出来た書体が明朝体なのです。 その書体が日本に入ってきた時代が、 中国の...

東洋(漢字圏)の国々の文字は正方形の仮想ボディの中にデザインされています。 正方形でできているということは、とても合理的な文化なのです。 正方形ですから、横に並べれば横組み、縦に並べれば縦組みになるわけです。 文字の中心は動かないからです。 欧文(アルファベット)はそうはいきません...

ハル写真教室という名称でカメラ講座を持っています坂上です。 このほど、私のもう一つの仕事エディトリアルデザインの講座を開くことになりました。 その中でInDesignというページレイアウトソフトを中心に添えて、DTP全般にわたりIllustrator、Photoshopの初歩からの授業を考...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、InDesignレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ