全国5万人が受講している「サイタ」

InDesign講座/インデザイン・スクール

InDesign講座/インデザイン・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールInDesign教室東京 シミズDTP・デザイン教室 スクールブログ 文字コードの話

文字コードの話

文字コードってわかりますか?

Windowsを使っている人なら、ビスタ文字がどうのとかJIS2004の字形がどうのとか聞いたことがあるかもしれません。そうでなくとも何年かデジタルデバイスに触れていれば、一度くらいは文字化けというものに遭遇したことがあるのではないかと思います。

そういうものに出会うたび、その都度その時読みたいものが読めればいい、表示したい文字が表示できればいい、という対策をとるだけでも、まあ問題はありません。そのあたりの詳しい知識はなくても、誌面デザインはできるしタイポグラフィの勉強はできるし組版自体は楽しいのですよね。

そういうものに遭遇したことのない方、貴方は幸福です。その状況が先人の知恵の賜物であるということを知ると、その幸福をもっとよく味わえるでしょう。

このあたりのことは、ちょっとネットで調べるだけだとアタマが痛くなるような用語が並んでいます。そこに出てくるわからない単語を調べるとまた別の単語に遭遇し、さらにそれを調べると最初の単語がわからないと話にならなくて…なんてことになりがちです。

でもこれが、ちゃんと知り始めると実に面白い世界です。
なるほどこういう仕組みになっているのか、というところから始まり、じゃあこれはどういう意味? てことは、そもそも文字の概念て? 何を以て「文字」とするの? なんてところに興味がいき、概念を仕組み化しようとしてきた先人たちの知恵と工夫と、戦争という時代背景と文明の進歩による使われる文字の多様化と…そして今以て終わらないその論争があることを知ることができます。

組版は文字を並べること。文字を読むのは人間です。
文字の世界を通して見えるものは、案外広いものですよ。

 

(2014年2月3日(月) 0:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

誌面デザインの実績多数!組版に関心がある方は、特におすすめ

シミズDTP・デザイン教室
清水裕一郎 (InDesign)

両国・錦糸町・亀戸・平井・新小岩・市川・船橋

ブログ記事 ページ先頭へ