サイタWeb・デザインスクールInDesign教室東京 シミズDTP・デザイン教室 スクールブログ 横書き登場!

横書き登場!

「横書き登場」というのは、私が先日読んだ本のタイトルです。屋名池誠さんという、おそらく日本で唯一の書字方向に関する研究をされている方の本です。
この記事を読んで興味を持ちました。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1019

縦書きを前提として発展した日本語が、いかにして横書きを『獲得』していったのか。右からの横書きに見えるものは一行一字の縦書きであり、その証明方法は…。右横書きと左横書きは長らく混在し、どっちがいいか新聞社が読者にアンケートを行った…。左横書きが定着した後もルビは文字の右に縦に書く時代があった…。などなど、文字の歴史に関する面白い話が山盛りでした!
現在当たり前とされている方法論は、先人たちの試行錯誤によって積み上げられたものです。そしてそれは、実はこの現代に至っても、細部までルール化されているものではありません。読みやすさ、ひいてはものを伝えるためにベストの方法を、皆が探っているのが現状なのです。
組版は文化だなあと思います。エディトリアルに関わるデザイナーも文化の担い手の一人であるならば、常に勉強が欠かせません。私は皆さんと一緒に、楽しく勉強を続けていきたいと思います!

 

(2014年1月6日(月) 12:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

誌面デザインの実績多数!組版に関心がある方は、特におすすめ

新着記事

先生という仕事をしていて思うのは、生徒さんはえらいということです。 このCyta.jpというシステムでは、体験レッスンこそ無料ですが、それでも生徒さんは1時間という時間に加え移動時間と交通費というコストを使って知らない人間に会いに来るわけです。そして次回以降は1時間いくらという結構な額を...

文字コードってわかりますか? Windowsを使っている人なら、ビスタ文字がどうのとかJIS2004の字形がどうのとか聞いたことがあるかもしれません。そうでなくとも何年かデジタルデバイスに触れていれば、一度くらいは文字化けというものに遭遇したことがあるのではないかと思います。 そう...

「横書き登場」というのは、私が先日読んだ本のタイトルです。屋名池誠さんという、おそらく日本で唯一の書字方向に関する研究をされている方の本です。 この記事を読んで興味を持ちました。 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1019 縦書きを前提として発展し...

僕は組版やデザインが大好きだし、ひとと話をするのも大好き。 なのでこのレッスンはすごく楽しいです。 組版なんていうマニアックなもの、ほとんどのひとはあんまり詳しく知りません。 でも「普段見ている文字の並び方にそんな理由があったなんて!」ということに生徒さんが気づいてくれた時のうれしそうな...

はじめまして。cyta.jpにてスクールを開設いたしました。 よろしくお願いいたします。 ごく簡単に言えば、DTPによるデザインは楽しいです! 組版は日本の文化ですね。 僕は十何年もその楽しさを味わっていますが、未だに発見があります。 みなさんもぜひその楽しさを味わってください。...

ブログ記事 ページ先頭へ