全国7万人が受講している「サイタ」

InDesign/インデザイン講座・スクールを個人レッスンで探す

InDesign講座/インデザイン・スクールを選ぶ

InDesign初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリのInDesign教室を見つけることが出来ます。

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,900円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎にカフェ利用時のご自身のドリンク代をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

InDesign教室の無料体験レッスンについて

サイタのInDesign教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もしInDesign教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

InDesign教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
簡単なレベルチェック
14:20
実際にInDesignにチャレンジ
14:30
テクニック的なところを共有
14:55
今後のスケジュールを相談
全文を読む

マンツーマンなので質問がしやすく助かっています。
また、自分の理解に合わせて進めていただけるので、効率よく勉強できています。

全文を読む

素晴らしいです!
即効性があるだけでなく、興味があることだけを教えていただけるので、充実感があります。
教えていただいたことを即自宅で実践できるので、本当にありがたいです。
コーチの方がとても接しやすいため、レッスンを受けていて苦痛とかつらいと思うことが一切なかったです。
これからもレッスン受講希望します!

全文を読む

テキストで自己流で学ぶより、その場で先生に確認しながら作業を覚えられることに満足しています。プロの方から裏技も聞けるのもマンツーマンだからこそですね!

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

InDesign講座/インデザイン・スクールの人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられるInDesign講座/インデザイン・スクールの講師一覧です。

約22時間前更新
糸川賢司さん

糸川賢司さん

ジャンル

InDesign

主なレッスン会場

吉祥寺

吉野章さん

吉野章さん

ジャンル

InDesign

主なレッスン会場

東京

松岡竜ノ介さん

松岡竜ノ介さん

ジャンル

InDesign

主なレッスン会場

博多

鈴木敦子さん

鈴木敦子さん

ジャンル

InDesign

主なレッスン会場

梅田/大阪

もっとみる

InDesign教室 体験レッスンの感想コメント

InDesign教室のレッスンを体験した方の声をご紹介

5月3日(金) 9:46 更新

40代女性

全文を読む

仕事で使用しているインデザインの疑問が解消されずにいたので教えて頂きました。私のように周りに質問できる人がいないまま、日々実務に携わっている人にとっては、とても有難いシステムだと思っています。 私自身、独学に近い形でしたので、効率の良いやり方やスタイルを組む時の考え方、正規表現の設定や分かりにくい表記のメニューについてなどを聞けたことは、とても大きな収穫でした。 説明もとても丁寧で分かりやすく、優しいお人柄もあり、ついつい関係ないような事もお話ししてしまうほど和やかな時間でした。 疑問が出てきた時には、是非また教わりたいと思う先生でした。 次回もよろしくお願い致します。

30代女性

全文を読む

先日はレッスンありがとうございました。ひとりで不安に思っていた部分がクリアになりました。困っているところだけをピンポイントで質問することができるので、時間がない私にはピッタリなレッスンでした。また、コーチのご経験から「実際に仕事で使える」InDesignの活用方法が分かって良かったです。またレッスンをお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

50代女性

全文を読む

体験レッスンでしたが、実際に作りたい冊子があり、その指導をしていただきました。こちらの状況に合わせたプランをその場で考えてくださり、とても充実した時間となりました。本での自習ではわからないコツや、要領を分かりやすく教えていただき、感謝です。続けてレッスンをお願いすることになりました。普段から学校で教えていらっしゃるとのことで、なるほど納得です。ありがとうございました。

新着レッスンノート

InDesign教室のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

7月20日

IllustratorとInDesignIllustratorとInDesign

IllustratorとInDesignの違いについてご案内しました。 【ページ機能について】 Illustratorのアートボードとは異なり、InDesignではそれぞれのページが独立しています。ページを編集するときに他のページを意識することなく、見開き単位で作業に集中できるのがInDesignの利点でもあります (Illustratorのアートボードでは、各アートボードが独立していないため、編集中に別のアートボードにも影響を及ぼしてしまうことがあります)。 ノンブルや柱見出しなど、各ページに共通する要素は「マスターページ」で管理すると効率的です。 例えば全ページ...

7月19日

解像度について解像度について

今回は画像の解像度に関する考え方をご案内しました。 【InDesignの画面表示】 InDesignは画面表示の画質を切り替えることができます。 InDesignでは、本来の画質より少し低画質で画面に表示する「一般」表示がデフォルト設定になっています。コンピュータの処理負担を抑えるため、画質を低くして画面表示を軽快にするためのモードです。 ※あくまで画面表示が低画質になるだけで、実際の画像データが低画質になるわけではありません。 配置画像を本来の画質で表示したいときは「高品質」を選びます。 高品質にしたときの画質が実際の印刷物に近い画質です。もし高品質にしても画質...

7月17日

制作上の疑問点についてご案内制作上の疑問点についてご案内

制作上の疑問点などをご案内しました。 【データのやりとりについて】 PDFに限らず、メールに添付したデータが開けないことは良くあります。 良くある原因としては……、 ・ファイル名が和文(さらに長すぎても良くありません……) ・ファイルサイズが大きすぎる ……ということが考えられます。 最近は少なくなりましたが、和文のファイル名だと文字化けしたり、うまく開かないことがあります。この場合はファイル名をアルファベットで入力し、なるべく短く簡潔な名前にしてみてください。 近頃は大きなデータもメールで送れるようになってきましたが、直接メールに添付する場合、大きく...

7月7日

2段組の設定2段組の設定

完成が見えてきましたね。 いい感じに仕上がりそうです。 フレームグリッドの2段組の設定の仕方をご説明しました。 [オブジェクト]→[フレームグリッド設定]で、[行と段組]のところで 行文字数と段数、段間の設定をします。 色の面などの周囲をぼかす方法も使ってみました。 [オブジェクト]→[効果]→[基本のぼかし]で、プレビューにチェックを入れ 画面を見ながら、ぼかしの幅を設定します。 他のぼかしも、触ってみて、その時々の用途に合わせて 使いやすいのを選んで使うといいと思います。

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる